先日、1歳の息子が高熱を出しました。

 

0歳から1歳にかけて、赤ちゃんの初めての発熱を経験される方、とても緊張されませんでしたか?

 

先輩ママから「赤ちゃんは一気に高熱になる」と聞いていたけれど、本当に40℃近い高熱にヒヤヒヤしてしまいました。

 

そこで、突然の発熱に慌てないためにまずは、日ごろから準備できることと、我が家の体験談についてご紹介したいと思います。

 

  • 今、お子様が発熱している
  • 今後、お子様の発熱のときに備えたい

 

このような方々のお役にたてれば、うれしく思います。

 

あると便利

発熱で食欲がなくなったときに、病院にておすすめされました。

 

お急ぎの方へ、ポイントをお先にお伝えします

お子さまの様子に異変を感じたら、こまめに体温お測り、早めに"発熱に気づいてあげる" ことが大切です。

 

その他、赤ちゃんの熱はポンと急激に上がることもありますので、早めに医療機関と連携が取れるように病院・連絡先・アクセスを確認しておくことが大切です。

 

  • 体調不良に気づいたら、こまめに体温を測ること
  • 「♯8000」を電話帳に登録しておくこと
  • かかりつけの小児科を決め、電話番号を登録しておくこと
  • 緊急時の連絡先(病院)を確認し、電話番号を登録しておくこと
  • つらそうなときに、冷やしてあげること

 

体験談
産婦人科の先生より、1カ月検診の際にアドバイスをいただきました。
【1】専門機関に連絡が取れるように、電話番号を登録しておくこと
【2】勝手な判断をせずに、小さなことでも専門機関の判断をあおぐこと

 

それでは、ちょっと詳しく解説させていただきます。

 

体調不良に気づいたら、こまめに体温を測ること

赤ちゃんの発熱は、グングン熱が高くなってしまうことがあるようです。

 

  • 食欲がなさそう
  • 機嫌が悪い
  • 抱っこを求めてくる
  • 鼻水が出てくる

 

このような状況に気づいたら、こまめに熱を測るようにします。

 

体験談
「鼻水が出るな~」という状況から数日後に、発熱したことがあります。
感覚として「鼻水が出る」などの異変に慣れてしまわないことも大切そうです。

専門機関に連絡を取れるように準備しておく

こども医療でんわ相談「#8000」

休日や夜間に、子どもの症状に困ったときに、お電話で相談できる【子ども医療でんわ相談】というお問い合わせ先です。

 

小児科医師や看護師が電話口でアドバイスしてくださる大変心強い機関です。

 

全国一律 「#8000」番でつながります。

 

また、各都道府県ごとに一般回線でおつなぎできる電話番号も用意されています。

 

こども医療でんわ相談

厚生労働省の出されているページにて、詳細をご確認いただけます。

詳細、各都道府県ごとの番号を確認する>>

 

お薬の処方や、診断等は、病院にて行われます。

 

こちらの【こども医療でんわ相談】は、あくまでも、今どのように対応するかを相談するためにお電話で相談する場となります。

 

  • ちょっと遠いけど、今すぐ病院に走るべきか
  • 救急車をよぶべきか
  • 朝まで待っても大丈夫か

 

このような不安なときには、ひとりで判断せずにお電話にて相談してみましょう。

 

また、すぐに通院できる状況であれば病院で診ていただくことが安心で先決かと思います。

 

かかりつけの小児科

かかりつけの小児科医を決められていますか?

 

まだ決められていないときには、できれば小さな困りごとの際に複数の小児科をめぐってかかりつけの病院を決めておきましょう。

 

もちろん、お電話番号の登録も忘れずに。

 

夜間・休日の救急対応時の病院

地域によって、夜間救急や休日の救急対応をしていただける病院が決まっていると思います。

 

かかりつけの病院と夜間救急の指定された病院のみで24時間診ていただける地域もあれば、かかりつけと夜間救急の間にどちらも診ていただけない時間帯が生じる場合もあります。

 

体験談
わたしの地域では、曜日・時間により3つの病院にお世話になることになります。

平日 日中 ・・・ かかりつけの小児科
夜間・休日 ・・・ 夜間緊急の病院
土曜日の午後 ・・・ 別の小児科

突然の発熱は、本当にあわてます。

 

特に、赤ちゃんの発熱ではちょっと前まで38℃台だったのに、40℃近くになってしまうこともあります。

 

そして、急にぐったりすることもあります・・・。

 

なるべく どの曜日・どの時間に発熱があっても対応できるようイメージトレーニングはしっかりしておきましょう!

 

我が子の「赤ちゃん発熱」事例について

正直、いろいろなパターンがありました。

 

お昼間の発熱

我が家でよく起こるのが、昼間に発熱しはじめて、夜間に高熱が出るパターンです。

 

夜になると昼間よりも熱が高くなるという場面を想定し、日中に発熱したら、少々元気であっても必ず病院に行くようにしています。

 

そうすることで、ウイルスチェックをしてもらえたり、解熱剤をいただくことができます。

 

ウイルスチェック

アデノウイルスとかRSウイルスとか、そのときに周囲ではやっているものがあれば、結構な確率で検査していただけます。

 

「鼻水が出やすいとされているよ」とか「発熱後に発疹がでるよ」など事前に予想される症状を教えていただけることで、親として心づもりができます。

 

また、ウイルスに応じて、おすすめの対処法を教えていただけることもあるので、とっても助かります。

 

解熱剤

座薬であったり、飲み薬であったり、子どもの様子や好みに応じて、処方していただけました。

 

体重が増えると、お薬の量も変わりますから、まだ手元に前回の残りがあっても事前に必ず病院で「使ってもよいか」確認するようにしています。

 

 

夜間の発熱

咳や鼻水の症状がつらそうで呼吸が苦しそうなときや、熱でぐったりしているときには、#8000に電話して、指示をあおぐようにしています。

 

今までのところ、夜間に救急車をよぶという判断に至ったことはないのですが、翌日が休日で、休日のお昼間に救急でみていただくために、その時間帯まで寝ずに冷やしながら看病をすることなどがありました。

 

体験談
高熱のときには、ペットボトルや氷などを用いて、脇やそけいぶ、首の後ろなどを冷やすように小児科の先生よりご指導いただきました。
アイスノンよりも氷で冷やしてあげるのがオススメと教わりました。

 

 

お子さまが発熱してしまうと気が気じゃないですよね・・・

 

事前に出来ることもありますし、ひとつでも多く事例を知ることで安心できる場面もあるかもしれません。

 

もしよろしければ、ひとつの体験談としてご活用ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。