〇 煮物 落し蓋

こんにちは。Kussieです。

 

煮物を作られるときに、落し蓋使われていますか?

 

落し蓋を使うときには、薄いクッキングシートを切って使っていたのですが、今回、フェルトのように分厚いシートを使って落し蓋をしてみました。

 

スポンサーリンク

フェルトタイプのシートは、何が違うの?

フェルトタイプのクッキングペーパーとの出会い

これまで薄手のツルツルしたクッキングシートを使って落し蓋を作っていました。

 

クッキングペーパーの残りの量が少なくなってきたときに、家族が購入してくれたのですが、購入してくれたクッキングペーパーが【フェルトタイプ】だったのです。

 

初めて「フェルトタイプのものがある」と認識したのですが、パッケージには魅力的な使い方がいくつか紹介されていました♡

 

フェルトタイプのクッキングペーパーのよいところ

フェルトタイプのクッキングペーパーは、液体の調味料がしみこみやすく、流れ落ちにくくなっています。

 

また、表面の凸凹が大きいため、アクもたくさん吸い取ってくれるみたいです。

 

  • 包んで味をしみこませる
  • アクを取りながら煮込む

 

このような利点を活かして、ラクにお料理したいときには【フェルトタイプのクッキングシート】が重宝しそうです。

 

そこで早速、煮物を作る際に使ってみました。

 

アクまでとれる落としぶた

こんなふうに使ってみました!

パッケージの箱に【アクまでとれる落としぶた】というフレーズがあったため、早速試してみました。

 

最初に強火で煮込んでアクを取るときには、いつも通りの方法で、ひとまず自分ですくって取りました。

 

そして、いつも中火でしばらく煮込む際に落しぶたを使っているので、その【薄手のクッキングシートで作った落としぶた】のかわりに【フェルトタイプのクッキングシートで作った落としぶた】を使いました。

 

その効果は?

わたしの場合、いつもの調理方法ですと、グツグツとアク抜きをします。

 

その際に取り切れなかったアクはお料理に残っていると思うのです。

 

しかし、今回のように アクも取ってくれるクッキングシートを落し蓋がわりに使うことで、取り切れなかったアクも綺麗に取ってくれました。

 

体験談
実際に、使った後のクッキングシートには微量のアクが付着していました。
お料理の表面も透き通っていて綺麗な仕上がりになりました。

 

アクは、取れるなら取ってしまったほうが、綺麗な見栄えになりますし、美味しくなる気がします。

 

それに、何といっても 新たな手間が増えることなく、お料理が綺麗になったり 美味しくなったりするのは、とってもうれしかったです♡

 

煮物のお料理方法や、落としぶたの使い方について試行錯誤されている方は、ぜひ【フェルトタイプのクッキングペーパー】もおすすめです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク
【婚活・結婚生活相談のクラシマル】

ご家庭のこと、ご自身のことについて相談する相手をお探しの方は、婚活・結婚生活相談のクラシマルをご利用ください。

☆現在人気のプランは、こちらです☆

話し相手・傾聴サービス・・・30分1,500円、最大2時間でお受けしています。

お気軽にお問合せください。