〇 赤ちゃんの肌着

こんにちは。Kussieです。

 

赤ちゃんの肌着って、たくさんの種類がありますよね。

 

特に、初めての育児がスタートするときに、「どのような種類の肌着を何枚ずつ準備しておくのがよいか?」とっても気になる方も多いと思います。

 

いろいろな種類の肌着があり、生地もいろいろ、袖の長さもいろいろ・・・選択肢が多すぎて迷われている方の参考になりますよう、お調べした結果と体験談を踏まえて書きたいと思います。

 

もしよろしければ、参考にされてみてくださいね。

 


ガーゼ 短肌着 詳しくはこちら>>

スポンサーリンク

夏生まれの赤ちゃん

発汗機能がまだ未熟な赤ちゃんにとっては 夏、とても暑いそう

赤ちゃんは、体温調節の機能がまだ未熟なので、母親など身近な大人がしっかりとお洋服で体温調節してあげるのが大切です。

 

~生後3か月

夏生まれの赤ちゃんについては、「短肌着を1枚着せて、その上に薄手のロンパースを着せる」という方が圧倒的に多かったです。

 

体験談
産婦人科で赤ちゃんが着ていたのも、「短肌着+ロンパース1枚」という組み合わせでした(*^^*)
少し多めに6枚ほど、短肌着を買い込み、毎日お洗濯しつつ、ローテーションして使いました。

 

特に、初めは赤ちゃんを外出させる機会もほとんどありませんでしたので、しっかりと空調で温度管理をしつつ、お洋服の厚みも統一して、寒すぎず暑すぎず・・・という温度加減を目指しました。

 

ちなみに、生後すぐに着せるために選んだ肌着は次のようなものでした。

 

  • 短肌着
  • 綿素材
  • 紐で結ぶもの
  • 縫い目が肌に当たらないように表側にあるもの
  • 半袖

 

赤ちゃんが暑そうなときは・・・

「短肌着1枚に、ロンパース1枚」という組み合わせだけでも、赤ちゃんによっては汗をかいていたり暑そうなこともあります。

 

そのようなときは、「可愛い柄物の長肌着1枚」で過ごしたり、「短肌着をノースリーブのメッシュ生地」のものにしたり、さらに涼しく調整する方法もあります。

 

体験談
まずは『短肌着+ロンパース』を着せて、赤ちゃんの様子を見つつ必要があれば変更するのがオススメよ」と助産師さんより教わりました。
赤ちゃんをしっかりと観察して、快適な環境を作ってあげたいですね(^^)b

 

冬生まれの赤ちゃん

体温調節や意思表示がうまくできない赤ちゃん・・・冬は気をつかいます

冬は、どちらの地域にお住まいの場合にも(日本国内)、日によって気温差が激しく気になります。

 

夏であれば 発汗の様子などにより赤ちゃんが意思表示できなくとも、気づいてあげやすいのですが、冬は大人の体感気温や温度計による数値から赤ちゃんの状況を予想することが多くなります。

 

~生後3か月

短肌着を1枚着せて、その上に厚めのロンパースを着せる」という方と、「短肌着の上に、長肌着を1枚着せて、その上にロンパースを着せる」という方がありました。

 

「短肌着1枚+ロンパース」の場合には、ロンパース(お洋服)の厚みによって、寒暖の調節をするそうです。

 

体験談
我が家は、「短肌着1枚+ロンパース1枚」でロンパースの厚みによって、調整しました。
比較的暖かい地域です(^^)

 

わたしの地域は、比較的暖かいこともあり、ロンパースの厚みだけで、基本的には十分寒暖による調整が出来ました。

 

寒い地域にお住まいの方のお話では、「短肌着1枚+長肌着1枚+ロンパース1枚」という方法を選ばれるご家庭で そのように実践された理由について「肌着2枚を重ねることで、効果的に暖かくできる」というものや、「ロンパースの種類を増やす必要がないため、肌着の枚数によって調整した」というご意見がありました。

 

また、冬の場合にも、肌着(短肌着・長肌着ともに)は、半袖がオススメとのことです。長袖になると、もたついてしまったり、結構暑くなってしまうとか。

 

標準的にオススメなのは、夏同様、次のような肌着の選定です。

  • 短肌着(+長肌着)
  • 綿
  • 紐で結ぶもの
  • 縫い目が肌に当たらないように表側にあるもの
  • 半袖

 

赤ちゃんが寒そうなときは・・・

ロンパースの厚みを変更したり、長肌着を追加したりして、お洋服の厚みもしくは枚数で調整します。

 

また、冬場は「お風呂あがりの寒さ」なども気になりますので、出来る限り、お部屋自体をしっかりと適温にしてあげましょう(^^)

 

春・秋生まれの赤ちゃん

基本的には、上記の「夏生まれの赤ちゃん」と「冬生まれの赤ちゃん」の情報を参考に、「そのときの気候にあわせて調整」することになります。

 

やはり、オススメの方法は、「短肌着1枚+ロンパース1枚」を基本としつつ、赤ちゃんの様子を見ながら、長肌着を追加したり、ロンパースの厚みを厚くすることで、赤ちゃんが寒くないようにします。

 

赤ちゃんが暑そうなときには、短肌着をメッシュのものに変えたり、ロンパースを薄いものに変えたりするのがオススメです。

 

うまれたての赤ちゃんは、お母さんを始めとする大人方々の判断が頼りです♡

肌着・お洋服による寒暖調整は、しっかりと赤ちゃんの様子を観察して、適温を保ってあげましょう(^^)

子育て、応援しています。

 

肌が弱い赤ちゃんにオススメ♡

肌が弱くて生地にまけてしまう赤ちゃんや、汗もが出来やすくてお困りのママへ。

 

こちらの綿100%、ガーゼ2枚重ねの生地で作られた短肌着がオススメです。

 

出産のお祝いの贈り物としても、およろこびいただける、良品です♡

 


ガーゼ 短肌着 詳しくはこちら>>

 

スポンサーリンク
【婚活・結婚生活相談のクラシマル】

ご家庭のこと、ご自身のことについて相談する相手をお探しの方は、婚活・結婚生活相談のクラシマルをご利用ください。

☆現在人気のプランは、こちらです☆

話し相手・傾聴サービス・・・30分1,500円、最大2時間でお受けしています。

お気軽にお問合せください。