〇 哺乳瓶 消毒方法

こんにちは。Kussieです。

 

赤ちゃんがうまれたら、母乳であっても、ミルクであっても、気になることがたくさんあると思います(^^)

 

本日は、哺乳瓶の消毒方法について綴りたいと思います。

 

  • どのような消毒方法があるの?
  • どの消毒方法にしようか?

 

と、検討中の方のお役にたてれば・・・♡と思います。

 

スポンサーリンク

哺乳瓶を消毒する3つの方法

煮沸消毒

たっぷり水を入れたお鍋に、バラバラにした哺乳瓶を入れて、グツグツと煮ます。

 

哺乳瓶の材質によって、適切な煮沸時間が異なりますので、説明書をよく読みましょう。

 

煮沸消毒では、お湯の温度・熱によって消毒します。

 

電子レンジによるスチーム消毒

電子レンジでスチーム殺菌するための容器が売られています。

 


【電子レンジ用スチーム殺菌容器】詳しくはこちら>>

 

お湯を沸かす手間を省くことが出来、使いやすいので、【熱による殺菌】をご希望の方にオススメの方法です。

 

薬剤による つけ置き消毒

薬液とケースが販売されています。

 

専用の容器に薬液を入れて、バラバラにした哺乳瓶をつけます。

 

価格や使いやすさを考慮されて、お好みのものを選ばれるのがおすすめです。

 

体験談
お世話になった産院では、薬液による消毒を実施されていました(^^)
ただし、【3つの方法のうち どれを使っても問題ない】とおっしゃっていましたよ。
説明書や口コミをご覧になって、ご自身のライフスタイルやこだわりにあうものをお選びくださいね。

わたしが選んだのは・・・

【電子レンジを用いたスチーム消毒】でした。

 

  • 昔ながらの煮沸消毒と同等の効果はありそう
  • 消毒中に目を離しても大丈夫そう(小さい子がいる場合)

 

熱湯による消毒の場合には、幼児のような小さいお子さまがいると 近づいたり火傷したりしないか、不安があります。

 

その点、同じ高温による消毒の場合にも、電子レンジであれば、そうそう届かないでしょうから安全だと思いました。

 

薬液をつかうかどうかは、目的次第

薬液を使うと、熱では殺菌できないところまで消毒できると、調乳指導をされていた栄養士さんにお聞きしました。

 

昔ながらの過熱による消毒以上の殺菌を求めるのかどうか、という点が 薬液を使うかどうかの判断基準の1つになりそうです(^^)

 

納得のいく方法で、安心安全に子育てをスタートされることを応援しています(*^^*)

 

授乳をラクにするために、こちらの記事もおすすめです>>

 

スポンサーリンク
こちら読まれています!