赤ちゃんの成長は、とっても早いので、おむつの種類もどんどん変わっていきますね。

 

  • どんなタイミングでサイズアップ?
  • ブランドによってサイズは異なるの?

 

そんな、おむつのサイズとブランドについて、検討した内容についてご紹介させていただきます。

 

ぜひ、ひとつのご参考に。

 

スポンサーリンク

サイズアップのタイミング

サイズの選び方の基本は、次の通りです。

 

  • 体重が推奨範囲内に入っているか
  • 体型や骨格にあっているか

 

赤ちゃんの成長やうんちの形状にあわせて、おむつの形状や材質もかわっていくそうなのです。

 

ムーニーさんの事例を参考に、おむつのサイズと使う目安を書かせていただきますね。

 

新生児サイズ

  1. 5kg以内が目安
  2. 首が座るまで

     

    Sサイズ

    1. 8kg以内が目安
    2. お座りを始めるまで

     

    Mサイズ

    1. 11kg以内が目安
    2. つかまり立ちを始めるまで

     

    Lサイズ

    1. 9kg以上
    2. つかまり立ちを始めたら

     

     

    サイズアップのタイミング

    おむつのサイズアップのタイミング。

     

    先ほど説明した、体重と成長の経過を目安に、おむつを選ぶとよいそうです。

     

    それに加えて、次のような現象が起こったときにも、サイズアップの目安となります。

     

    • 足やお腹周りにギャザーの跡が付く
    • 足や背中のところから、うんちが漏れる

     

    体験談
    我が家では、赤ちゃんの成長にあわせてサイズをかえたところ、うんち漏れなども特になく、スムーズにサイズアップできました(*^_^*)

    新生児→S:首座りが安定 約3カ月のころ
    S→M:おすわりが安定 約7カ月のころ
    M→L:つかまり立ちが安定 約9カ月のころ

     

     

    おむつのサイズは、ブランド(メーカー)によって異なる?

    おむつのサイズには、傾向があるようです。

     

    新生児サイズ

    • パンパースが小さめ

     

    いろいろお試ししたい方へ

    新生児用のおむつをいろいろお試しできるセットがあります。

    おむつの扱いやすさや、生地の違い、うんちの付き方など、現物で確認できます(*^_^*)

    こだわってあげたいときに、オススメです♡

     

    Sサイズ

    • パンパースがとっても小さめ
    • メリーズがおおきめ

     

    Mサイズ

    • パンパースが小さめ
    • ゲンキが大きめ
    • グーンは許容範囲が広い

     

    Lサイズ

    • パンパースが小さめ
    • ゲンキとグーンが許容範囲が広い

     

    おむつのサイズアップを検討中の方へ

    サイズ検討時に優先すべきは・・・

    おむつサイズの許容体重は、広い幅をもっていますよね。

     

    各社、おむつのサイズ違いのものを広げてカタチを確認すると、

     

    おしりから背中にかけてのカーブや、吸収する部分の材質も異なることが分かります。

     

    それは、体型や骨格を最優先に選んであげることが大切だからなのかもしれませんね(*^_^*)

     

    赤ちゃんの様子や機嫌を確認しながら、よい一品を選んであげましょう!

     

     

    サイズアップ時にブランドを変えるときには・・・

    ブランド間で、サイズ帯が異なります。

     

    サイズアップの際に、ブランドを変える際には、足まわりやウエストまわりを測ってあげるのがよいかもしれません。

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    それでは、ぴったりの一枚が見つかりますように(*^_^*)

    スポンサーリンク
    【婚活・結婚生活相談のクラシマル】

    ご家庭のこと、ご自身のことについて相談する相手をお探しの方は、婚活・結婚生活相談のクラシマルをご利用ください。

    ☆現在人気のプランは、こちらです☆

    話し相手・傾聴サービス・・・30分1,500円、最大2時間でお受けしています。

    お気軽にお問合せください。