〇 会話がない というお悩みについて

こんにちは。

 

Kurashimalの玖島由佳です。

 

「ご家庭・ご家族の 会話が少ない」とお悩みの方からご相談をお受けすることがあります。

 

本日は、【 会話がない 】ことについてお悩みの方へ向けてメッセージを綴りたいと思います。

 

  • 会話がなくて苦しい
  • 会話を増やしたい

 

このような思いをかかえている方は、ぜひご一読くださいね。

 

会話がない ことが気になり始めたのはいつからでしょう?

もともと口数少ない方もいらっしゃいますよね。

 

お電話等でご相談いただく際に、まずお尋ねしていることは、「いつごろから、気になりますか」という点です。

 

もともと、会話が少なくて、納得していたけれど、最近急におつらくなった・・・とか。

 

以前は会話が豊富にあったのに、最近会話がはずまなくなった・・・とか。

 

様々なケースがあります。

 

会話の量に変化が生じ、不満を感じているとき

あきらかに会話の量に変化があったり、お相手のリアクションが悪くなったとき、夫婦の間に何かしらの不満やすれ違いが生じていることが多いようです。

 

夫婦や家族という近しい間柄においては、不満やすれ違いがあったときに、それを相手に【優しく伝える】という術を取れない方も多くいらっしゃいます

 

近しい間柄だからこそ、「言わなくても分かってくれる」と思っていたり、「言わなくても分かってほしい」と願っていたり。それはそれで心の葛藤があるものです。

 

会話の問題を解決するために、お相手に歩みよってみる

会話についての問題を解決するために、お相手に一歩歩みよってみることはできるでしょうか?

 

それは、「会話が減った」「会話したい」とお伝えするという手段ではなく、不満の詳細を知るためにじっくりと話しを聞いてみる時間を作るという手段がオススメです。

 

北風と太陽のお話の、太陽になってみませんか

不満の詳細を知りたいと思ったときに、こちら側もこちら側で【会話がないことに不満】をもっている状況です。そのため、その不満をぶつけたい衝動にかられてしまう瞬間が出てきます。

 

そのときには、ぶつけたい気持ちをグッとこらえて、歩み寄る姿勢が必要になってきます。

 

イメージは、【北風と太陽のお話の太陽サン】です。

 

ビュービューと風をふかせてコートを飛ばそうとするのではなく、ポカポカと温めて 【自らコートを脱ぎたい】と思ってもらえるようなアプローチをしてみるのです。

 

ちょっと、根気がいりそうですよね。ですが、お相手の言動に変化が現れるまで、継続し続けるのがポイントです。

 

うまく継続することができ、雪解けのようにお相手の言動がゆるやかになってくると、ご相談者さまにも【心のゆとり】が戻って来られて、次なるアプローチが無理なくできるようになります。最初のアプローチが一番難しいところで、工夫が必要です。

 

【 会話がない 】という不安や心細さ、おつらいと思います。どこかにぶつけたいですよね。

 

そんなときには、あなたの心のうちを第三者にお話しいただくと、気持ちを落ち着けてパートナーやご家族と向き合うことができるようになることもあります。

 

ひとりではうまく対処できずにお困りの方、ちょっと愚痴を聞いてほしい方、ご相談のお電話、お待ちしております。

 

相談メニューはこちら>>

 

婚活・結婚生活のお悩み相談室

ひとりでお悩みをかかえている方のお力になります。

心理カウンセラー×空間ディスプレイデザイナーの玖島由佳です。

お気軽にご相談ください。

読者登録

記入いただきましたメールアドレスに、更新情報をお届けいたします。

サポートメニューはこちら

単発OK!メール相談プラン>>

「楽しい暮らし♡楽しい生き方♡」実現へ向けて、一歩踏み出したい女性のためにオススメです。あなたにあった解決策が見つかります。

毎月、最大10名様のご相談をお受けしています。

 

定期!テレビ電話相談>>

家庭専門3ステップ円満ノウハウをもちいて、確実に暮らしや生き方に変化を。ひとりでは不安で伴走者がほしい方にオススメです。

年に4回、受講生を募っています。