【 コロナ離婚 】

こんにちは。クラシマル代表の玖城です。

 

クラシマルでは、婚活や結婚生活のお悩みについて、ご相談をお受けしています。

 

 

「 コロナ離婚 」というお言葉、耳にされたことがありますか?

 

コロナによる外出自粛要請や、新しい生活様式への転換により、生じている離婚を指している言葉です。

 

なぜ、自宅にいる時間が増えると、離婚予備軍が増えてしまうの?

自宅で過ごす時間が増えてくると、離婚予備軍が増える、というのは・・・

 

実は、今に始まったことではありません。

 

例えば、【熟年離婚】というお言葉、ご存じではありませんか?

 

ご主人が定年になられて、奥様とご自宅で過ごす時間が増えた結果、「もう、一緒には暮らせない」という結論になったケースです。

 

特に、お子さまが独り立ちされて、お父様とお母様おふたりでの暮らしになると、途端にご相談が増えてきます。

 

【 コロナ離婚 の原因 】一緒に過ごす時間が増えると、気疲れしてしまう・・・という現実

どんなに仲が良くても、大人二人で一緒に居続けるのは、なかなか難しい一面があります。

 

例え、【結婚生活が長い】ということであっても、パートナーとご自身は、全く異なる面をお持ちではないでしょうか。

 

新婚のときに違いに気づき、衝撃をうけて・・・それでも、なんとかかんとか、楽しく過ごしてきた。

 

それは、お仕事に行く時間があったり、趣味でお出かけする時間があったり、ちょっと一人で過ごす時間があったり、フォーカスが違うところにあたる場面もあったからかもしれません。

 

特に、一緒に居る時間が長くなってくると、次のような状況が増えてくる傾向にあります。

 

  • 心の余裕がなくなる
  • 分かっているはず、と思う

 

自分に費やす時間は大切

自分のことを優先できる時間や、自分のことだけを考える時間、というのは ある程度必要な方が多いようです。

 

しかし、一緒に過ごし続けるということは、相手からの視線を感じたり、ちょっとしたプレッシャーを感じたり、違いが気になったり・・・

 

特別そうしたいと思っていないのに、一緒にいる相手の言動が気になったりします。

 

【 コロナ離婚 の対策 】まずは、相手に変化を求めすぎずに対策をうちましょう

同じ部屋で過ごす時間が増えて、いろいろ気になり始めたら、気になる方も、気にされる方も、おつらいと思います。

 

そして、さらにつらさが増してしまう原因のひとつに、【言っても変わらない】という現実があります。

 

  • 言っても変わらない
  • 言っても伝わらない

 

この2つは、人生の大きな課題ともいえるほど、多くの方が長年苦しんできた原因のひとつだと思います。

 

実際、そうなのです。

 

逆にいうと、【人が変わる】ためには、いくつかの条件がそろわないと、なかなか厳しいという現実があります。

 

だからこそ、一度、お相手からフォーカスをはずし、【出来ることから始めてみる】というのが賢明かもしれません。

 

こんな事例もあります
行動を変えることで、パートナーの行動もかわってきた事例について、体験談が届きました。
【妻が冷たい !突然の変化に戸惑い電話相談。妻が離れていく不安で…】

その内容をご覧になる方はこちら>>

分かる!でも、どうしたら気持ちがラクになるのか分からない方へ

こちらの記事をご覧になって、確かに、「自分、自分、と・・・自分のことを優先したいわけではないけれど、いつの間にか相手のことを意識しすぎて気疲れしてしまったかも」という方もいらっしゃると思います。

 

そんなときに、おすすめの方法は3つあります。

 

  • ひとりの時間を作る
  • からだを動かす
  • 話を聴いてもらう

 

【ひとりの時間を作る】については言わずもがなですが、【身体を動かす】と身体がリフレッシュすることで脳もリフレッシュできると言いますし、【話を聴いてもらう】と心の中の器からあふれ出しそうな気持ちを、グッと減らしてラクになれると言われています。

 

ぜひ、ご自身にあった方法を、一度お試しくださいね。

 

もしよかったら、お話おうかがい致します>>