スポンサーリンク

毎週火曜日、深田恭子さん主演の"初めて恋をした日に読む話"

 

皆さまは、観ていますか?

 

わたしは、毎週 待ちきれないほどハマッて観ています

 

順子先生(深田恭子さん)の、鈍感天然っぷりが大好きで。

 

そして、胸キュンポイントもたくさんちりばめられているので、楽しく観させていただいています♪

 

ドラマからも学ぶことがありそう

それに、知らなかったこと、学ぶこともたくさんあるのです

 

舞台は、東大受験を背景としています

 

なので、熱血ロックな先生が語る東大受験や

 

順子先生が語る受験について

 

「へぇ~ そうなんだ~」と思いながら観ています

 

例えば、東大受験の学部ごとの難易度のお話とか

 

どんな生徒に来てほしいと思っているか・・・などなど。

 

そして、先日、「確かに!そう!そう!」と思ったフレーズがありました

 

それは、

 

「受験は、勉強を日常にすることが大切なの!」

 

と、いうものです

 

勉強を日常に。実は、家事にも共通点があります

わたしは、お部屋をきれいに保てるようにスキルアップを促すのがお仕事です

 

ドラマを観ながら、受験と家事って、似ている側面があるのかもしれない、と思いました

 

受験は、お勉強を日常に

 

家事は、お片付け+お掃除を日常に

 

いずれも、習慣になっている方にとっては、なんの苦もないことなのですが・・・

 

定着していない方にとっては

 

何度も「○○しなさい」と人から指摘されたり、嫌々向き合っていたりと

 

なかなか難しいことなのではないでしょうか。

 

わたしの場合、今となっては 家事は苦になりません

 

しかし、過去には 家事がつらいと思った時期もありました

 

そして、さらに遡ると 受験は 苦にならない領域には至らずに終わってしまいましたね

 

苦にならないためには

 

できる とか 好き とか いろんな要素が含まれてくると思います

 

そして、ルーティーンになっているかどうか、も大切な要素です

 

もしかして、家事を日常にするスキルを使えていたら

 

受験も制することが出来ていたのかしら・・・

 

と、思います

 

過去には戻れないですけれど

 

息子を育てる上では、役立つことが出てくるかもしれません

 

家事を日常に落とし込めた秘訣について精査していきたいと思います

 

皆さまは、日常をかたち作るルーティーンをお持ちですか?

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました

 

今日が、皆さまにとって よき1日となりますように(*^_^*)

 


関連キーワード