【 崖の上のポニョ 都市伝説 】

こんにちは。Kussieです。

 

お休みの日に自宅にいることが増え、最近、DVDを借りてきて観ることが増えてきました。

 

先日、【 崖の上のポニョ 】をDVDで鑑賞しましたので、その感想とオススメのポイントについて綴りたいと思います。

 

  • お子さまと観る映画を探している
  • 大人も一緒に楽しめる映画を探している

 

特に、上記のような方にオススメですので、該当する方は最後までお読みいただきたい内容です。

 

スポンサーリンク

【 崖の上のポニョ 】を観ることになったきっかけ

UFOキャッチャーの景品である【ポニョのハンドマペット】を大変気に入っている我が子の、アニメ映画デビューの作品に選びました。

 

ポニョのハンドマペット、手持ちの物はUFOキャッチャー仕様で非売品みたいですので、類似の商品をリンクで貼っておきますね。

 


【ポニョ好きのお子さまにオススメ!】崖の上のポニョ ハンドパペット >>

 

歯磨きを嫌がったりするときにも、ポニョになってお願いすると、すんなり受け入れてくれたりするので、今でも大変助かっています(^^)

 

崖の上のポニョ を観た感想

ジャムの瓶に頭がはまってしまった「ポニョ」が、5歳の男の子「そうすけ」くんと出会って、「ポニョ」は人間になりたいと願い、海の世界では大混乱になると同時に、人間の世界でも大洪水が起こる物語です。

 

物語はシンプル・・・?

幼い子と共有できた感想は、次のようなものでした。

 

  • ポニョかわいい
  • 「そうすけ好き」「ポニョ守りたい」でほっこりする
  • 2人への試練やいかに?!

 

ポニョとそうすけくんの一途な想いを、一生懸命応援しました♡

 

一方で、結構考えさせられる場面がある

一方で、わざわざ子どもに言うことではないかもしれないのですが、ちょっとひっかかる部分もありました。

 

例えば、海が汚れていたり、人間は汚い、という描写があったり、発熱している幼子を保育園に預ける描写があったり、夜ご飯が3分で作る麺であったり、

 

 

・・・今風の日常を描いているのかも、というのは感じたのですが、それぞれの場面が短いだけに、「そこの場面をピックアップするんだ?!」という、なんだかモヤッとした違和感を感じてしまいました。

 

2歳の子どもに大ヒット!

初めてポニョを観たのは、子どもが2歳のときだったのですが、本当に大ヒットでした!

 

「ポ~ニョ、ポニョ、ポニョ、さかなポニョ~(ちょっと間違っている 笑)」と、このフレーズを一日に何度も歌っている状況です。

 

金魚のポニョがかわいくて目立つことや、ポニョという音自体も結構好きみたいで、【ポニョ】に しばらくはまっていました。

 

物語の中での、ポニョとそうすけくんの会話も、幼児さん同士の会話にも近い感じで、かわいい声の2語文のような分かりやすいやりとりが多かったのも、子どもも飽きずに観ることが出来たポイントかもしれません。

 

崖の上のポニョには、都市伝説がささやかれている?

子どもには、文句なしの大ヒットだった様子なのですが、わたし自身はちょっとモヤッとした部分がありました。

 

あの、スッキリしない描写は、何を伝えようとしているのだろうか?!と・・・

 

ちょっと、その「モヤッとした感じ」を解消できずに、主人に話したところ、【崖の上のポニョ】や【隣りのトトロ】では、都市伝説なるものがささやかれているそうなのです。

 

そこで、いろいろなサイトでご紹介されている【 崖の上のポニョ 都市伝説 】について調べてみました。

 

「実は、裏のストーリーがある」というものなのですが・・・

 

ご興味のある方は、グーグルさんなどで、ぜひ検索されてみてくださいね(^^)

 

都市伝説を知った上で、崖の上のポニョ を鑑賞してみると・・・

裏のストーリーを意識して、崖の上のポニョを鑑賞してみたのですが、ストーリー自体は、都市伝説ではない(表の?)シンプルなストーリーのほうが、しっくりと来るな~と感じました。

 

一方で、都市伝説を知ることで、【 鑑賞したあとのモヤッとした感じ 】の理由は、だいぶ解消されたように思います。

 

それは、「様々な世界観がひとつのシンプルな物語にちりばめられている」からだと感じました。

 

ちょっと長くなりましたので、次回、それらの世界観について綴りますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク
関連キーワード
関連記事