スポンサーリンク

こんにちは。

 

わたしのブログをお読みくださっている方の中には、

 

個人事業や会社経営をされている方が、どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

 

コンサルティングのお仕事を始めて、たくさんの人と出会います

久しぶりにお仕事で、初めての方とお会いします

 

それも・・・、数十名ということなのです

 

そこで、夜な夜な名刺を作っておりました

 

ホームページが変わると、名刺も何もかも変わります

わたしのウェブサイトが.com から、 .jp へと変わったのです

 

そのため、以前まとめて作っていたものも作り直しました

 

 

ついでに、いくつか工夫を加えてみました

裏面の使い方を見直す

そして、初めてお会いする方が "たくさん" いらっしゃるので名刺の裏に紹介エリアを設けました。

 

わたしの紹介、ではなく、会社のです

 

以前、お勤めしていたときには、名刺の裏は【英語版】となっていました

 

グローバルな会社、グローバルな職種は、当たり前にそうです

 

しかし、現在、わたしのいる場所は、【知ってもらうこと】から始める必要があるので

 

裏面には【事業内容】を記すことにしました

 

文字を見直す

文字のサイズ、フォントをともに、見直しました

 

やはり、イメージって大切ですね

 

フォントを変えると、名刺から受ける印象が変わります

 

ロゴ、色味は変えなかった

ロゴや色味は気に入っています

 

それに、「わたしのイメージに合っている!」と言って下さった方が以前いらっしゃったので

 

当面変えない予定です

 

 

名刺ひとつとっても、トライ&エラーの繰り返しです

毎日、様々なことにトライ&エラーしています

 

しかし、それが楽しくもあります

 

お打ち合わせして新たな"カタチ"を作ったり

 

お客さまのポジティブな変化に出会ったり

 

・・・良いことばかりではないけれど、それも良し、なのです。

 

名刺を新しく作るにあたり

 

過去の経験やいただいた情報も、大きな判断基準になります

過去にたくさんいただいている名刺のデザインに着目しました

 

 

紙がアイボリーとホワイトがありますね

 

ロゴの位置も様々

 

役職を書く位置も、どこまで役職を書くのかも様々

 

フォントも複数種類ありますね

 

いざ、デザインしてみることになると、小さなことが気になります

 

一言一句、書き記しながら【一般的】にみて、おかしなところはないかしら・・・と

 

これまで、名刺をいただいたときに、気にしたことはないところが

 

自身の名刺を自分で作るとなると、急に気になり始めるのです

 

環境が変わると、気づくことも多い

大手の会社にいたときには、きっと事務のお姉さんもしくは業者さんが

 

丁寧にひとつひとつ決めてくださっていたんだな、と感じました

 

恵まれた環境にいたときには、細かいことや事務的なところを指摘されるのが

 

わずらわしいと感じることもありました

 

(なんと、失礼なことでしょう)

 

しかし、事業を始めて思うことは

 

細部までこだわってくれていた環境というのはありがたかったな!ということです

 

名刺を見直すにあたり、大切にしたこと

基礎的な場面では、良いところをアピールすることよりも

 

まず、地雷をふまないことも大切なんだな、と思うのです

 

基本的なことがしっかりと出来てこそ、信頼され信頼できるということ

 

名刺以外でも、同じだと思います

例えば、メールの返信も

 

打ち合わせ準備も

 

今日も、失礼の内容に丁寧に対応したいと思います

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました

 

今日が、皆さまにとって よき1日となりますように(*^_^*)


関連キーワード