スポンサーリンク

○【 見守る子育て 】見守ることで、母の心も鍛えられますね

こんにちは。

 

息子が、つかまり立ちを始めて

 

しばらく時間が経過しました。

 

だいぶ足腰が安定してきて

 

グラグラすることも減って来たので

 

ファーストシューズを履いて

 

公園デビューを致しました。

 

 

息子にあわせて

 

わたしも水色のパンプスを

 

チョイス。笑

 

こちらもオススメ♡

【赤ちゃん 靴を履いてお外デビュー!ファーストシューズの選び方】

こちらより、お読みいただけます>>

慎重な性格でしょうか

両手を握っていると

 

ニコニコ楽しそうにしていますが

 

手を放そうとすると

 

とっても不安そうな面持ちです。

 

お家では、出来ることが少しずつ増えてきました

これから、一人で出来ることが

 

増えてきますね。

 

これまでは、

 

何でも頼られて当たり前。

 

頼られることがうれしかったのですが、

 

少しずつ

 

【自分でやりたい!】という

 

意志表現があらわれてきました。

 

  • 自分で食べたい
  • 自分で取りたい
  • 自分で動きたい
  • 自分で脱出したい

 

これまで同様、お手伝いしようとすると

 

手を振り払われることも。

 

成長をほほえましく感じます

成長を感じて

 

ほほえましく見守っています。

 

そして

 

その後片付けは、本当に大変。

 

特に、お食事のあとには、

 

飛び散るお料理。

 

ベチャベチャの手。

 

お弁当のたくさんついたお顔。

 

派手にご飯を食べた後は

 

お風呂場に直行です。

 

お外に出ると一変、慎重なところが顔を出します

お外で遊ぼう!と

 

週末に家族で公園に行くと

 

息子と同じくらいの月齢のお子さんが

 

元気にテクテク歩いたり、走ったり。

 

時々、転んだり・・・。

 

それぞれに、いろんな探索活動を

 

しています。

 

息子は

 

すわって草むしり?!

 

時々、抱っこ。笑

 

そして、両手をつなぐと

 

ニコニコしながら

 

進もうとします。

 

ちょっと臆病なところや

 

慎重なところが

 

見え隠れしています。

 

母は、気長に

 

見守ろうと思っています。

 

はじめは、靴を履かせずに靴下で歩く練習をしました

靴をはくと、

 

座り込んでしまうこともあったため

 

初めは、靴下で芝生の上を

 

歩く練習をすることから

 

始めました。

 

靴下であれば

 

お家の中での歩く練習と

 

異なる部分は景色のみ。

 

足の感触に違和感を覚えることなく

 

歩くことを楽しんでいる模様でした。

 

やはり、変化を求めるときには

 

変化点を少なくすると

 

安心感が増すようです。

 

手離れする日はいつか来るんですね

公園に行くと、

 

様々な成長段階のお子さまが

 

それぞれに遊んでいます。

 

子どもの成長は

 

本当にあっと言う間なんだな~と

 

体感することばかり。

 

自分で出来ることが増える瞬間を

 

楽しみにしつつ

 

息子の意志を尊重しながら

 

見守ってあげることの出来る

 

大人になりたい、

 

と感じた1日でした。

 

子離れについて、考えます

子どもが出離れするその瞬間。

 

そんな未来のことに

 

思いをはせるなんて

 

早すぎる?!

 

という気持ちもありますが

 

最近、考えずにはいられません。

 

ちまたで、耳にする

 

痛ましいニュース。

 

そこには

 

"親離れ子離れ"の課題によって

 

心にモヤモヤをかかえているように思えて

 

なりません。

 

今から考えておきたい、と思っています

年齢が進むほどに

 

親離れ・子離れの問題は

 

深刻化してきますね。

 

母も歳を取ります。

 

いずれ、力関係が逆転し

 

そのうち、なんにもしてあげられなくなります。

 

老いは待ってくれません。

 

だからこそ、

 

今のうちから、息子にプレゼントできるのは

 

"教育?生きる術?"かしら

 

と、考えるのです。

 

 

心の中のポジティブな面とネガティブな面。

 

その両者がせめぎあうことで

 

成長し、自身の心も定まっていくんだとか。

 

そして、心理学の世界において

 

その成長は

 

わたしたちが死を迎える瞬間まで

 

続いていくと提唱されています。

 

  • あ、そうだ!わたしもまだまだ成長途中なんだった(^^)

 

そのことを、思い出すだけでも

 

とっても気持ちがラクになります。

 

母だけど、成長途中。

 

母だけど、完璧じゃない。

 

母も、見守る心を育てる時期。

 

そんな風に、変化の中にいる自分の感覚を

 

大切にしていきたいと思います。

 

この子が40代~50代へと向かうとき

 

どんな世の中になっているのか、と。

 

最近の痛ましい事件を

 

拝見しながら

 

考えずにはいられません。

 

そして、今すでに

 

わたしと息子の

 

親離れ・子離れの練習は

 

もう始まっているのかしら。

 

見守る子育て って

 

奥深そう!!

 

そんな風に感じながら

 

息子の未来に思いをはせた

 

お時間でした。

 

 


関連キーワード