スポンサーリンク

こんにちは。

 

事業がスタートして数カ月。

 

とある商談がまとまりました。

 

わたしにとって、大きめのもので

 

ぜひともまとまる方向にもっていきたい!と

 

準備を続けてきたものでした。

 

本日は、そちらの内容そのものではなく、

 

商談がきまったときに

 

おほめの言葉と同時にいただいた、

 

魂がゆさぶられた一言について

 

書いていきたいと思います。

 

以前より、ファッションについてご相談にのっていただいていた先輩です

わたしは、個人事業で商談や企画を進める際、

 

ファッションを大切にしています。

 

と、言いますか

 

ある日、「ファッションを大切にしよう!」と

 

決めたのです。

 

そこで、スーツなどのお仕事で使用する

 

アイテムについて相談していました。

 

  • 白スーツはどうかしら

 

例えば、こんなことについてです。

 

そして、ファッションにも自信をもち

 

商材写真や打ち合わせなどにのぞみ、

 

コツコツとすすめてきた結果、

 

無事に1つのお仕事が決まりました。

 

初めての大きなお仕事でしたので、飛び上がるほどうれしかったです

これまでは

 

一対一でお客様のサポートをするお仕事でしたが

 

今回の商談が決まると

 

その間口がグッと広がるものでした。

 

そのため、わたしにとっては

 

とても大きな商談です。

 

企画通過のご連絡をいただいたときは

 

飛び上がるほどうれしかったものです。

 

アドバイスいただいた先輩にもご報告しました

その後、企画等が進み

 

ある程度カタチになり

 

サービスがスタートしたとき。

 

当初、スーツの相談をしていた先輩へ

 

ご報告をさせていただきました。

 

その先輩よりいただいた、印象的なお言葉

おほめの言葉をいただいたのですが

 

印象的なお言葉がありました。

 

それは、

 

  • 長い意味で成功を

 

というものでした。

 

目の前のことに集中していたわたしは、ハッとしました

この商談がまとまれば

 

目の前がパッと広がることを期待し

 

日々のコンサルティングを実施しながらも

 

その商談のことは

 

常に頭のどこかにあったと思います。

 

ある意味、目の前の成功を目指し

 

コツコツと頑張って来ました。

 

 

「長い意味での成功」

 

この言葉が、なんだか心にグッと

 

そのときのわたしには響きました。

 

 

 

わたしの年齢では、

 

成功しているかどうか、

 

成果を残しているかどうか、

 

その点について

 

フォーカスされることが

 

多いように思います。

 

また、わたしがサラリーマン時代

 

教わって来たものは

 

  • 目の前の受注のお話
  • 目の前の納期のお話

 

このような点にフォーカスをあてて

 

お仕事についてのアドバイスをいただくことが

 

多かったように思います。

 

例え、3年後を見据えたビジョンとか

 

10年後を見据えた開発、と

 

フォーカスのあたる場があったとしても

 

実際に優先されるのは

 

目先のこと。

 

 

その先輩の意図することは・・・?

その先輩の言葉に触れたとき

 

わたしは、いろいろなことを思い出しました。

 

その先輩は、60歳間近の会社役員のお方です。

 

いろいろな方のお仕事姿やあり方を

 

見てこられています。

 

  • 第一線にいながらも、自分から離脱した方
  • ずっと成果を残していたけれど、身体を壊された方
  • 順調に進んでいたが、コミュニケーションの課題でストップした方

 

30代、40代のときに、

 

一見 人生に成功していると思われていた方が

 

50代を超えて

 

なんらかのトラブルに

 

ふっと見舞われる姿などを

 

ご存じです。

 

きっと、それ以外にも

 

年配の方だからこそ分かる

 

  • 継続することの難しさ
  • 継続することの大切さ

 

を目の当たりにしてこられたことでしょう。

 

特に、個人事業を営むわたしにとって

 

本当に大切なことに

 

気付かせていただきました。

 

緊張してしまう商談に。
おすすめのモチベーションを高めてくれるボールペンをひとつ♡

画像クリックで、詳細確認・ご購入いただけます。

長い意味で成功するために、考えたこと

そのやりとりについて

 

いろいろなことを見てきた先輩だからこそ

 

身にしみる一言だったのですが、

 

長い意味で成功していくためには

 

"お仕事だけにとらわれない"ことが

 

大切なんだな、と

 

考えていました。

 

きっと何十年も家族間で培われた

 

コミュニケーションの在り方は

 

社会でも見え隠れしますし、

 

お食事の在り方は

 

身体の健康に反映されるでしょう。

 

だからこそ、いいときも悪い時も

 

気持ちは一定に

 

家族や家庭を大切にしながら

 

一歩ずつ前に進んでいきたいと

 

思いました。

 

 

 


関連キーワード