スポンサーリンク

○ 商談 や お打ち合わせ のときに、最近意識していること

こんにちは。Kussieです。

 

商談やお打ち合わせのとき、

 

どうしても"アウトプット"を

 

意識している自分がいます。

 

準備のときには、アウトプットを意識するのは正解?!

準備する際、

 

プレゼンテーション(パワーポイント)にて

 

資料を作成することが多いのですが、

 

  • どう伝えようか
  • ちゃんと伝えなくては

 

と、そのときに持てる

 

"最善"を準備しています。

 

しかし、最近気付いたことがあります

それは、

 

商談中は

 

【インプットに徹する】ということが

 

大切なのではないか、

 

ということです。

 

やはり、準備段階では

 

しっかりとアウトプットの用意をして

 

商談中に一度、自分の用意した内容について

 

しっかりとお伝えさせていただきます。

 

しかし、それ以外のお時間、

 

フリーディスカッションのようなときには

 

わたしがアウトプットすることに注力するのではなく、

 

お相手様のおっしゃることをインプットしよう!と

 

しっかりと聴くことが意識できると

 

その後の流れがよい、という

 

確率が高くなってきました。

 

こちらもオススメ

名刺交換 にそなえて。ひたすらに【 名刺 】を作りました

こちらよりお読みいただけます>>

 

なぜ、インプットに徹するとうまくいくのか?

理由について、考えてみました。

 

商談中のコミュニケーションが心地よい

やはり、商談中のお相手様も

 

"人間"です。

 

やはり、感情がありますから、

 

ゴリゴリ 意見を言われるよりも

 

適度な距離感でしっかりと話を聞いてもらえるときに

 

"心地よさ"を感じてもらえているのではないか、

 

とお顔をみて思うのです。

 

【インプット】が得られると、次の【アウトプット】の精度があがる

そして、実務的な面においても

 

インプットに徹することで

 

とても大きな良いことがあります。

 

それは、インプットが多ければ多いほど

 

深ければ深いほど

 

次のタイミングで

 

こちらからご提案させていただく内容、

 

すなわち、アウトプットが

 

お相手様の希望に より近いものになる、

 

ということです。

 

ご提案したときに、

 

「う~ん・・・」ということが減り

 

「そうそう!」と同意を得られることも

 

増えてきました。

 

ビジネスバッグは消耗品!

軽くて、大容量なビジネスバッグです。
パソコンも入ります♪

 

アウトプットの多い職業だからこそ、インプットに徹したいと思います

コンサルティングやセミナーに携わっていると

 

【アウトプット】に注目しがちです。

 

あの、上手な方は

 

どのようにアウトプットしているかな?と

 

着目する点も、そこでした。

 

しかし、これから末永く

 

この業界で事業を継続していきたいと思ったら

 

常にインプットを意識することで

 

結果的にアウトプットに反映されるといいな、

 

と思えるようになってきました。

 

そんな、自分の成長を感じた

 

先週でありました。

 

週末、しっかりとリフレッシュし

 

また来週に備えたいと思います(*^^*)