スポンサーリンク

こんにちは。

 

「お片付けの先生をしています」ということを認識してくださっている方が

 

ご近所さんにおいてもチラホラみられるようになってきました。

 

そして、特に女性の同年代の方とお話しする機会があると

 

ほぼ必ずと言っていいほど、言われるお言葉があります。

 

在宅 ってよいですよね(^^)

こう、言われることが増えてきました(^^)

 

ちなみに、こう言って下さる方は女性が圧倒的に多いです。

 

はたらき方改革や、ビジネスモデルの多様化を背景に、ご自宅ではたらく女性起業家さんも増えているみたいです。

 

わたしの場合は、半分在宅、というところでしょうか(^^)

 

やはり、小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、

 

「お子さまが帰ってくる時間帯に、お家にいてあげたい!」ということについて

 

考えてみたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

実は、わたしも同じ考えを持っています。

 

長時間の保育を想定された教育カリキュラム等が充実した"こども園"等もあります。

 

しかし、小学校となると、特に低学年の間は 家庭環境によらず早い時間に帰宅となります。

 

つまり、小学校低学年の間は、【かぎっ子ちゃん】になるわけです。

 

わたし自身が【鍵っ子】ではなかったということもあり、

 

その寂しさなどをイメージすることが出来ないため、

 

出来ることならお家にいてあげたいな(u_u*)という気持ちになることもあります。

 

確かに、子どものために【 在宅 】という選択をしたのは、大きな理由のひとつです。

 

検討中の方へ

在宅起業を検討中の方へ

本を読まれるときには、【在宅】にこだわらずに 良書を選ばれることをオススメします♡

 

実は、起業を決めた理由は 他にも2つあるのです。

 

そちらは、またの機会に(u_u*)♪

 

 

それは、また大変な道を選んだんだな。

こう、言われることもあります。

 

ちなみに、わたしに こうおっしゃる方は 男性が多いですね。

 

やっぱり、事業として収入を得て、生活を成り立たせるためには、総合力が必要になってきます。

 

  • 企画力
  • 計画力
  • 推進力
  • 集客力
  • ・・・etc.

 

お金を人様からいただいて商売するということは

 

「お客さまに なんらかの"価値"を提供する」ということになるのですが・・・

 

価値を提供するためのキャンバス(canvas)は、白紙です。

 

だからこそ、それで収益をあげるということは難しいのです。

 

以前、わたしも、「起業家さん」や「社長さん」と同席させていただくときには

 

「すごいな~、そして いろいろ大変なことも多そうだな~!」と

 

違う世界の方々として接していました。

 

そのくらい、"大変" な世界だと 今も 感じています。

 

小さなことでも・・・
小さいことでも トライ&エラーの繰り返しです。

起業を検討されている方へ、名刺は作られましたか?

こちらの記事もオススメです。

【名刺交換にそなえて。ひたすらに名刺を作りました】

 

その、【大変な過程】すらも楽しめる方には、起業がおすすめ

収入を得られる保証はありません

人生って、本当に不思議なものですね。

 

様々なご縁を得て、今 1つの事業に携わっています。

 

先ほどの"総合力"にまつわる課題は 一向に絶えません。

 

  • 地域密着かしら。こんなセミナーどうだろう。(企画)
  • いつまでに、何をしよう。(計画)
  • 今日はちょっと息子がぐずるからサボりたいな(推進)
  • どうやって宣伝しよう(集客力)
  • ・・・etc.

 

事業立ち上げで、最も"お勤め"と異なる点は

 

【成果があがるまでは、収入がない】ということです。

 

だからこそ、そこに至るまでの過程を楽しめることが大切なのでは・・・と、思います。

 

一方で、うまくいったときの"収入"は大きい

特に個人事業の場合には、うまくハマったときの、成果は "お勤め" よりも大きいです。

 

ただし、それがいつまで続くか、保証はありません。

 

まるで、スポーツ選手のよう。

 

本来は、会社の中で進められている各々の事業も それぞれ同じなのですが、

 

日々の"作業"に携わる方々が 会社の経営と 結びつけて考えることは少なかったり、

 

成果があがっても、給与制であれば "即体感"というのは難しくなってきます。

 

一方で、それは、悪いときに "不安になりすぎない" という良いことでもあります。

 

危機感ばかりでは、良い仕事はできなくなってしまいますので、その "さじ加減" が非常に大切です。

 

 

悪いときにも、改善していく過程を楽しめる方は、強いと思います!

起業したいな、向いているかな?と考えられている方。

 

悪い状況に陥ったときにも、その改善していく過程を楽しめるマインドとバイタリティーのある方には、起業はオススメです。

 

不安にさいなまれている状況では、なかなか "ひらめき" や "改善策" がうまれてこないのです。

 

だからこそ、どんなときにも "楽しめるスキル" や "追い込まれない余力" があるかというのは

 

起業家さんとして踏み出すかどうかの1つの判断基準になると思います。

 

在宅であることを求めるだけなら、他にも選択肢があります!

「お子さまが帰宅する際にお家にいてあげたい!」という希望を実現しながらも

 

"起業" というワケの分からぬリスク(笑)を取りたくない方は

 

【在宅で出来るお仕事を探す】という賢い選択肢もありますよ(^^)

 

 


関連キーワード