【 商談中 お打合せ中 ビジネスの秘訣 】

こんにちは。Kussieです。

 

商談中やお打ち合わせ中に、一番意識していることって何でしょう?

 

企業に勤めて約10年、そして個人事業をスタートしてから もうすぐ1年になります。

 

これまでは、「企業のネームバリューに助けられていたんだな~」と感じることが多い一方、どうしたらお客様から良いお返事をいただけるか思考錯誤しています。

 

本日は、「【これを意識】するようになって、商談等が進みやすくなった」と、感じていることについて綴りたいと思います。

 

  • 商談がうまくいかない
  • 商談で緊張してしまう
  • 商談を前に、何を準備したらよいのか知りたい

 

これらのことをお考えの方のお役にたてれば幸いです。

 

スポンサーリンク

商談が決まりにくかった自分について、思うこと

どうしても"アウトプット"を意識している自分がいました。

 

今でも、油断すると「良いことをお伝えしなくては」「どんなことをお伝えしようかしら」と【お伝えすること】ばかりに意識が集中してしまうことがあります。

 

しかし、【伝えることよりも大切なこと】に、ようやく気づけたように思います。

 

準備のときには、アウトプットを意識するのは正解?!

その商談の段階によっても目的が異なってくると思うのですが、【一緒にひとつのお仕事をするかどうか】は、最初のお打合せで判断されることが多いと思うのです。

 

そのため、そのときに持てる【最善のご提案】を準備しています。

 

そして、「アウトプットも大切だが、インプットを得られる構成にしておきたい」と感じています。

 

こちらからのアウトプットをひとつの事例に、もっと具体的な【目の前のお客様の事例について知る場】に出来たときは、とても有意義なお時間を過ごせたと感じます。

 

  • どう伝えようか
  • ちゃんと伝えなくては

 

だけではなく、

 

  • どうしたら、うかがえるか?
  • どんなことでお困りだろう?
  • どんなことをお望みだろう?

 

こんなことに意識を集中しながら、お打合せに臨んでいます。

 

その結果、継続的なご縁をいただけるようになってきました

個人のお客様も、企業様も、ある程度 継続的に、お客様とのご縁をいただけるようになってきました。

 

単発の案件から、定期的な案件へとシフトしたり。

 

お仕事を得るには、【しっかりと意に沿うサービスを提供してくれる】という安心感や信頼感が大切だと思います。

 

それは、お互いに。

 

【意に沿う動き】をしていくためには、お客様の意図をしっかりと理解する必要がありますよね。

 

商談中のコミュニケーションが心地よい

やはり、商談中のお相手様も"人間"です。

 

やはり、感情がありますから、ゴリゴリ 意見を言われるよりも適度な距離感でしっかりと話を聞いてもらえるときに"心地よさ"を感じてもらえているのではないか、とお顔をみて思うのです。

 

だからこそ、心地よい話し方、心地よい受け答えを大切に、磨いていきたいと思っています(^^)

 

大量なインプット

そして、実務的な面においても【インプットに徹する】ことで、とても大きな良いことがあります。

 

それは、インプットが多ければ多いほど、深ければ深いほど、こちらからご提案させていただく内容、すなわち、アウトプットがお相手様の希望に近いものになる、と期待して実践しています。

 

ご提案したときに、「う~ん・・・」ということが減り「そうそう!」と同意を得られることも増えてきました。

 

ビジネスバッグは消耗品!

軽くて、大容量なビジネスバッグです。
パソコンも入ります♪

 

アウトプットの多い職業だからこそ、インプットに徹したいと思います

コンサルティングやセミナーに携わっていると【アウトプット】に注目しがちです。

 

あの、【上手な方はどのようにアウトプットしているかな?】と、積極的に着目する点も、そこでした。

 

しかし、これから末永くこの業界で事業を継続していきたいと思ったら、常にインプットを意識することで結果的にアウトプットに反映されるといいな、と思えるようになってきました。

 

そんな、自分の成長を感じた先週でありました。

 

週末、しっかりとリフレッシュしまた来週に備えたいと思います(*^^*)

 

皆さまは、商談やお打合せのときに、一番意識していることは何ですか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
こちら読まれています!