〇 児童手当 いつから

こんにちは。Kussieです。

 

出産・子育て、たくさんのお金がかかりますね。

 

「出ていくお金も多いけれど、入ってくるお金も多いんだな~」と体感しました。

 

その、気になる!"入ってくるお金"のひとつが、児童手当です。

 

スポンサーリンク

児童手当って?

わたしが【児童手当】の存在を知ったのは、妊娠・出産を経験したときでした。

 

独身時代はもちろん、子どもがいないときには、【児童手当】の存在自体知りませんでした。

 

「ありがたいものだな~」とうれしさや、「今まで、そのように納めた税金が つかわれていること知らなかったな~」と驚きがありました。

 

児童手当 いつから いつまで どのくらい 受け取れるの?

ありがたいことに、0歳の赤ちゃんを含め、中学校を卒業するまでのお子さまに対して、給付金が支給されます。

 

赤ちゃんがうまれて申請をすると、翌月分より支給されます。

 

※ただし、月末うまれの赤ちゃんの場合には、申請日が翌月になっても出生日の次の日から数えて15日以内であれば、申請をした月分から支給されるそうです。

 

 

中学校修了まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童1人につき月額1万5千円または1万円を支給します。ただし、所得制限限度額以上の人には特例給付として児童1人につき月額5千円を支給します。

上記のように、中学校を卒業するまでの間、月々10,000円~15,000円をいただくことが出来ます。

 

10,000円なのか、15,000なのか、という点は、お子さまのご年齢や人数によって異なります。

 

また、所得制限などもあるみたいですよ。

児童手当について、詳しく知りたい方はこちら>>

 


【カードケース】  クレジットカードやキャッシュカードの整理・持ち運びにおすすめです>>

忘れちゃいけない手続き

子どもが生まれたら、手続きを忘れないようにしなくてはなりません。

 

というのも、手続きが遅れると、遅れた分は原則としていただけなくなるみたいなのです(>_<)

 

知らなかった!、手続き忘れた!・・・などというのは、とってももったいないことなので、今現在、【児童手当の存在を知っている、気づいたというあなた】は、確実に遅れることなく手続きされてくださいね。

 

おすすめは、出生届を提出する際に一緒に。

産後、出生届を提出するためにお役所へ足を運ばれると思います。

 

そのときに その足で【児童手当の手続き】も対応されるのがオススメです(^^)b

 

年に3回、まとめて口座に振り込まれます

2月、6月、10月の3回、申請した口座にお金が振り込まれます。

 

月10,000円の年

年間:10,000円 × 12カ月 = 120,000円

 

月15,000円の年

年間:15,000 × 12カ月 = 180,000円

 

ひとりあたり、年間12万円や18万円いただけるのは、とても助かります。

 

大切に、子どもの教育のために活かしていきたいと思います(*^^*)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク