著:暮らしのアドバイザー 玖島
ご家庭でかかえるお悩みの解決をお手伝いしています。

○ 家事が苦手 で結婚生活が不安な方でも、今日から家事が上手に出来る方法

こんにちは。

 

Kurashimal(クラシマル)の玖島由佳です。

 

本日は、家事でお困りの女性、

 

特に

 

  • 家事は女性の仕事だと思っているのに、出来なくて苦しい
  • 家事を上手に出来るようになりたいのに、出来なくて苦しい

 

このような方が、今すぐラクになれる方法について

 

ご紹介していきます。

 

綺麗なお家を保つには、"誰か"が片付けるしかありません

まず始めに、その"誰か"が

 

自分なのかどうか"確認していただきたいと思います。

 

家事が上手になって

 

綺麗なお家を保ちたい!と思い

 

いろいろ試したものの、うまくできず

 

挫折してしまい、家事することを止めてしまったら・・・

 

ご自宅は散らかる一方で、さらに苦手に感じてしまう・・・。

 

その負の循環を、卒業にするには

 

やはり奥さまが今までの分を挽回して

 

綺麗にするのか、

 

ご家族のだれかが率先して

 

ご自宅を綺麗にしてくれるか、

 

がメインの方法となります。

 

一方で、家事代行を活用する、という方法もありますが

 

その場合、費用が必要となります。

 

本日は"自分が何とかしなくては!"という気持ちをもたれた方が

 

いかにラクに家事できるようになるかに重点をおきますね。

 

ぜひ、お試しいただきたいと思います。

 

ご自身がスキルアップして、家事上手になりたいとき

本日は、ご自身がスキルアップされて

 

家事をラクに上手にこなせるようになりたいときの

 

方法についてご紹介したいと思います!

 

家事が苦手 だと一度感じてしまうと、どんどん辛さが増してしまいます

出来ないことや苦手なことと

 

毎日、向き合っていくことは

 

かなり、心理的につらいことです。

 

  • 毎日、早起きするの…しんどい
  • 毎日、洗濯物たたむの…しんどい
  • 毎日、洗い物するの…しんどい

 

などなど。

 

特に、

 

長い時間向き合っているからといって

 

得意になったり、ラクになったり

 

ということはありません。

 

まずはじめに、家事スケジュールを作ってみましょう!

家事に規則性をもたせていますか?

 

そこを確認するために

 

一度、家事のスケジュールを書いてみましょう。

 

まず始めに、日々の生活を思い出しながら

 

一日の家事の流れを書き出してみます。

 

意外と、不規則なことが多いのではないでしょうか。

日々の家事を思い出して

 

書き出してみると

 

実は、スケジュールが決まっていなかった・・・

 

と、気付かれる方も多いのではないでしょうか?

 

また、毎日違う順番で

 

家事を行っている方がほとんどです。

 

不規則だと、エネルギーがたくさん必要になります

家事の流れが決まっていないとき

 

なんとなく家事作業はに規則性があったとしても

 

「次に何をしよう?」と

 

頭の中では、"何かを考えている状態"になります。

 

「何かを考えている状態」は疲れやすい

実は、

 

「何かを考えている状態」は

 

とっても疲れやすい状態です。

 

身体を動かすよりも

 

頭をつかって考えるほうが

 

大量のエネルギーを消費します。

 

頭をつかってたくさん考えると

 

甘いものを食べたくなったり

 

痩せたりした経験はありませんか?

 

30分間、身体をつかって何かするよりも

 

30分間、座ってひたすら考えるほうが

 

身体を栄養を何倍も消費しているのです。

 

家事のスケジュールを書き出して、それを見て行動しましょう!

家事のスケジュールを書き出して

 

それを見て家事をすすめていくことで

 

驚くほど疲れにくくなります。

 

「次に何をしよう・・・」と考えながら

 

今の家事を行うのではなく、

 

今は、今の家事に集中して

 

サクッと終わらせることが出来たら、

 

次に行う家事を"スケジュールを見て"確認しましょう。

 

そして、そのスケジュール通りに

 

次の家事を行います。

 

こちらもオススメ

スケジュール内に、"持ち物を減らす時間"を入れ込むことで、もっともっと家事がラクになります。
詳しく確認したい方は、ぜひご確認くださいね。

【部屋 片付け から始める日常を終わらせる方法】
こちらよりお読みいただけます>>

 

まずは、3日間、同じスケジュールで実践してみましょう!

ある1つのスケジュールで

 

3日間家事を行うと

 

3日目には身体が慣れてきて、

 

とってもラクになると同時に

 

『改善点』を見つけることが出てきます。

 

まずは、心身ともに"余裕"を手に入れることが大切なので

 

改善点はノートやホワイトボードに書き出し

 

今あるスケジュール通りに家事を進めていくのが

 

オススメです。

 

家事の実践と、スケジュールの見直し作業は、切り分けて考えます

家事を行う作業そのものと

 

家事のスケジュールを見直す作業は

 

別々に行いましょう!

 

家事がつらい・・・というときには

 

家事方法を変更するよりも前に

 

スケジュールを作って、見ながら家事するだけで

 

頭をつかわなくても出来るようになり、身体も心も

 

劇的にラクになってきます。

 

ラクになるとつらさも軽減していきます。

 

つらくない→ラクになる→つらくない

 

というプラスの好循環を目指していきましょう!

 

応援しています。

 

住空間改善コンサルタントの玖島由佳でした。

 

今すぐ相談! 家庭のお悩み 解決致します!

ご家庭でかかえるお悩みについて、ご相談受付中です。

  • 「時間がないから・・・」を卒業したい!
  • 「お金がないから・・・」を卒業したい!
  • 「出来ない」を「出来る」に変えたい!
  • 根本から変わりたい!
今週も待機しています!
カウンセリング・定期コンサルティング受講者様の口コミを見る>>