ゴミ が多い方必見! ゴミ の 減らし方 についてご紹介!

 

こんにちは。

 

Kurashimal(クラシマル)の玖島です。

 

皆さまは、ゴミの量について、お困りになったことはありませんか?

 

これから夏が近づくにあたり、「飲み物のゴミの量を減らしたい」というお話になりました。

 

その解決方法について、一部ご紹介させていただきますね。

 

ペットボトルのゴミを減らしたい

ゴミの日って、決まっていますよね。

 

毎年夏になると「麦茶を飲まれる方」いらっしゃいますか?

 

夏と言えば麦茶!
麦茶といえば夏!
そのくらい、わたしの自宅では麦茶を飲んでいます。
そこで、本日は、麦茶(お茶)をたくさん飲まれるケースをもとに
お話を進めていきますね。

麦茶を購入されるとき、どのような麦茶を選んでいますか?

例えば、このような選択肢がありますね。
  • 麦茶の葉を購入してご自宅で作る
  • 紙パックの麦茶を購入する
  • ペットボトルの麦茶を購入する
皆さまは、お茶を飲みたいな~と思ったときに、
どのようなカタチのお茶を購入されますか?

麦茶やお茶を自宅で作られている方、いらっしゃいますか?

育ったお家に麦茶が作られていた方や、麦茶を作る「お水」にこだわりたい方。
麦茶を作る手間をいとわない方、麦茶を作る時間を待てる方。
こだわり要因や、手間が気にならないという点から、
お茶をご自宅でいれて飲まれる方もいらっしゃると思います。

【お家を綺麗に保つ】という視点でみたときには、特に◎です!

実は、「お家を綺麗に保つという視点で見たときに
「麦茶やお茶を自宅でいれる(作る)こと」には、大きなメリットがあります。
それは、
「出るゴミの量ががとても少ない」
ということです!

まず始めに、ゴミのサイズが変わります

単純に、お茶を入れた後の「お茶の葉」をゴミ箱に捨てるのと、

 

空のペットボトルをゴミ箱に捨てるのでは、

 

ゴミ箱の中で占める割合が全く変わってきますね。

 

 

ゴミを捨てる回数も変わってきます!

お茶の葉は、燃えるゴミです。

 

ペットボトルは、その名の通りです。

 

皆さまのところで、燃えるゴミの回収日と、ペットボトルの回収日は

 

どのように定められていますか?

 

燃えるゴミは、週に2回。

 

ペットボトルは、月に1~2回。

 

圧倒的に、燃えるゴミの回収日が多いのではないでしょうか。

 

その場合、次の方法が効果的ですね。

 

  • お茶を自宅でいれる
  • お茶を紙パックで購入する

 

ゴミのサイズが小さくなるだけでなく、

 

頻繁に回収していただけるので

 

ご自宅にゴミが溜まってしまう心配が減ります。

 

 

じっくり考えると、答えは解決策は見つかります!

今回は、比較的分かりやすい事例でご紹介しています。

 

ちょっと立ち止まって、じっくり考えると、

 

飲み物のゴミを減らす方法は思いつくと思います。

 

しかし、日常生活の中で

 

  • とりあえず、喉が渇いた
  • ちょっと補充しておこう!

 

と、いうように、ふとした瞬間に"こだわりなく"ペットボトルのお茶を手にしている方も

 

多いかと思うのです。

 

ペットボトルは【便利だから】【すぐ飲めるから】という理由もあるかと思います。

 

しかし、他の手段のよさにも目を向けたり、

 

ゴミの処分方法について目を向けることで、

 

異なる答えが見つかることもありますよ。

 

こちらもオススメ♡

お片づけが苦手な方に、ぜひお読みいただきたい記事です。

片づけられない人が 片づけられるようになるかどうかの分かれ道>>

 

ゴミを減らしたいな・・・と、思ったら。

ゴミを減らしたいな、と思ったら。

 

  • 日常生活を思い起こしてみましょう!
  • ゴミの種類、サイズを変えることはできませんか?考えてみましょう!

 

 

皆さまのご自宅が、より綺麗に保たれますように(^^)

 

応援しています!

 

婚活・結婚相談のお悩み相談室

ひとりでお悩みをかかえている方のお力になります。

心理カウンセラー×空間ディスプレイデザイナーの玖島由佳です。

お気軽にご相談ください。

読者登録

記入いただきましたメールアドレスに、更新情報をお届けいたします。

サポートメニューはこちら

単発OK!メール相談プラン>>

「楽しい暮らし♡楽しい生き方♡」実現へ向けて、一歩踏み出したい女性のためにオススメです。あなたにあった解決策が見つかります。

毎月、最大10名様のご相談をお受けしています。

 

定期!テレビ電話相談>>

家庭専門3ステップ円満ノウハウをもちいて、確実に暮らしや生き方に変化を。ひとりでは不安で伴走者がほしい方にオススメです。

年に4回、受講生を募っています。