○ 生活習慣 が変えてほしい…夫婦は合わせ鏡と言うけれど、本当にそうなの?

こんにちは。玖城です。

 

本日は、長年お困りの方がいらっしゃる

 

こちらのテーマについて

 

メッセージを書きたいと思います。

 

  • ご主人に生活習慣を変えてほしい

 

このような希望をもたれている女性、

 

かなり多くいらっしゃいます。

 

近くにいるからこそ、パートナーの 生活習慣 が気になります

一緒に暮らしている家族だからこそ

 

パートナーの一挙手一動が

 

気になってしまう・・・

 

ということは、ありませんか?

 

だらしない・・・

例えば、奥さまが家事をしている間に

 

ゴロゴロしている姿をみたり

 

奥さまが健康に気遣っているにも関わらず

 

暴飲暴食をしていたり・・・

 

  • ご主人のだらしない点が気になります・・・

 

という奥さまは

 

案外、多いものです。

 

夫婦は、合わせ鏡と言いますが・・・どうでしょう?

さて、ご夫婦の関係というのは

 

『合わせ鏡』と言われます。

 

だらしない・・・と感じるご主人を

 

だらしなくさせている要因が

 

合わせ鏡という現象にあるとしたら・・・

 

どうしましょうか・・・。

 

合わせ鏡:生活状況が反映されているケース

奥さまの行動を

 

振り返ってみましょう。

 

例えば、次のような状況に

 

陥っていないでしょうか?

 

  • 長い話に付き合ってもらって、睡眠時間が短い
  • お部屋が汚い
  • ご飯の手を抜く

 

「一生懸命、家事してるわよ!」や

 

「コミュニケーションは重要!」という

 

すばらしい考えをお持ちの奥さまの場合にも

 

ちょっとだけポイントをはずしていることが

 

あります。

 

それは、

 

今、頑張っている部分が

 

ご主人の自主性を促す部分へのアプローチから

 

遠ざかってしまっていたり、

 

後回しになっているケースです。

 

ご主人の自主性を奪ってしまう要因、

 

それは、まさに

 

  • 生命の維持に影響を及ぼすこと

 

これです。

 

もしも、整理収納が完璧で

 

どんなにおしゃれなお部屋だったとしても

 

  • 睡眠時間が短い → 休養不足の不安
  • お部屋が汚い → 呼吸の不安
  • ご飯が手抜き → 食の不満

 

食や呼吸、睡眠など

 

生命にかかわる部分について

 

不満や不安があると

 

人は、省エネモードに入ります。

 

生命を維持するために、動きたくない・考えたくない

 

例え、奥さまが頑張って

 

いろいろ動いていたとしても

 

それを見て、「大変そうだな・・・」と

 

感じていたとしても

 

その頑張りに答えること自体を

 

生命維持のために

 

脳がストップしてしまうというのです。

 

そのため、

 

  • どんな暮らしが、基本的な人間欲求を満足させるのか?
  • どんな暮らしが、生命の維持をより確かなものにするのか?

 

このような、生命の維持という観点で

 

現在の生活環境や生活リズムを

 

見直してみるとよいかもしれません。

 

可能性2:マインドが反映されているケース

そして、もう1つは

 

奥さまのマインドが

 

ご主人へ反映されているケースが

 

あります。

 

こちらについては、

 

明日の記事で紹介させていただきますね。

 

更新のお知らせの受け取りをご希望の方はメルマガにご登録ください>>

 

 

無理しないでくださいね

これまで、ご主人にはたらきかけてきて

 

なかなか変わってもらうことが出来ず

 

ずっと奥さまも我慢されてきたのではないでしょうか?

 

その場合、

 

新しい方法を取り入れることで

 

奥さまが疲れてしまうこともあります。

 

そのため、無理はしないようにしましょう。

 

ご主人が自主的になるという変化には

 

時間がかかります。

 

お花に水をあげるように

 

【生命の危機や不安】の減った

 

心地よい状態を感じて

 

ムクムクと元気が出るまでの間に

 

奥さまが疲れてしまっては

 

それはまた問題です。

 

奥さま自体も、省エネしながら

 

効果的な方法へと切り替える

 

練習をしてみましょう。

 

今まで注力してきたエネルギーを

 

注ぐ場所を

 

少しだけ見直すことで

 

ご主人のポジティブなお力が

 

前面に出てくることもあります。

 

プラスして何か新しいことをするのがつらい場合には

 

今まで続けてきた習慣を

 

一部変更して

 

効果の出やすい(食・空気・睡眠)部分に

 

アプローチすることを優先することで

 

奥さまも負担が増えることなく、

 

ご主人がよりポジティブになってきます。

 

例えば、

 

お掃除の配分を変更したり

 

時間のつかい方を見直すことで

 

同じようにご主人にはたらきかけた際の

 

リアクションが変わってきますよ。

 

具体的に、どうしたらよいか、

 

お困りの際には、お気軽にご相談くださいね。

 

\電話相談受付中/

こんにちは、玖城です。

ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

家事の合間に、育児の合間に、お仕事の合間に、

ちょっと話したいことはありませんか?

丁寧にお伺いいたしますので、お気軽にご連絡ください(^^)