コンサルティングメニュー
○ 整理収納 でうまれかわるなら、プロに頼む?自分で向き合う?正解は…
こんにちは。

 

Kurashimalの玖島由佳です。 

 

本日は、整理収納 サービスを

 

どなたかに依頼するかどうか

 

検討中の方にお届したい、

 

メッセージをお贈りします。

 

整理収納 サービスって、効果あるの?

"整理収納"というと

 

"整理収納アドバイザー"の方々が

 

各拠点にて活動されているのは

 

ご存知でしょうか?

 

セミナー活動をされていたり、

 

近くにお住まいのお客様のご自宅に伺い、

 

整理収納のお手伝いをされたり。

 

その活動方法は様々です。

 

こちらの記事では、次のような

 

疑問にお答えしていきたいと思います。

 

  • 整理収納サービスを頼むとどのくらい綺麗になるの?
  • 整理収納サービスに頼まずにできないの?
 
整理収納サービスは

 

アドバイザーさんの腕によるところが

 

大きいです。

 

もしも、"目の覚めるような美しいお部屋"を

 

目指されているのであれば

 

一番は、ご自身で綺麗にされることをおすすめします。

 

もしくは、継続的にみていただけるアドバイザーさんに

 

ついていただくのがオススメです。

 

なぜ、ご自身で綺麗にしたほうがプロのサービスを超えられるのか

綺麗なお部屋を維持するためには

 

持ち物と向き合うことが

 

とても重要です。

 

しかし、整理収納サービス等による

 

改善活動は、ご自宅にプロが来られる

 

数時間がある意味勝負です。

 

その時間内で

 

持ち物をいかに厳選できるか。

 

特に、"綺麗を維持できる物の量"

 

というものがあります。

 

頑張って、サービス内に

 

その数まで減らすことが出来たり

 

その数まで減らせる見通しを立てたりできると

 

"目のさめるような美しさ"の実現に

 

グッと近づきます。

 

ご自身で持ち物とじっくり向き合うと、持ち物は減り続けます

お部屋に持ち物が溢れかえっていると

 

綺麗に収納することも難しくなります。

 

そのため、アドバイザーの方がこられた

 

数時間のうちに

 

持ち物を一定量減らした時点で

 

収納の改善に取り掛かると

 

パッと見た目には綺麗になるものの

 

綺麗を維持するという視点や

 

目の覚めるような美しさという視点からみると

 

不十分なケースがあります。

 

つまり、後日少しずつ持ち物が増えて

 

リバウンドしてしまう、ということです。

 

自力で、持ち物と向き合い続けることが大切です

例え、ご自身で最初から取りかかるにしても

 

最初はプロにお手伝いしていただくにしても

 

その後、ご自身が自力で

 

持ち物と向き合い続ける気持ちが大切です。

 

持ち物と向き合い続ければ

 

必ず持ち物は減っていきます。

 

一方で、持ち物と向き合うことを

 

後回しにしてしまうと

 

気付かぬうちに増えてしまいます。

 

±0の現状維持がずっと続くことは

 

まずありません。

 

こちらもオススメ♡

生活 に必要な持ち物【物選びが大切なワケは・・・?】

こちらからお読みいただけます>>

持ち物と向き合うと、収納の答えも分かるようになってきます

持ち物と向き合うことで

 

次のような点に意識が向かいます。

 

  • いつ使ったかな(使うかな)
  • どこで使ったかな(使うかな)
  • どのくらい使ったかな(使うかな)

 

これらの持ち物の状況が把握できると

 

収納についての答えが

 

自然と見つかるのです。

 

方法よりも、持ち物の数にこだわっていきましょう!

整理収納 サービスを頼まれるにしても

 

ご自身で整理収納を進めていくにしても

 

大切なのは【持ち物の数】です。

 

記憶できる持ち物の数の範囲内で

 

ぜひ持ち物を管理できるように

 

練習していきましょう!

 

向き合えば、必ず減らせますよ。

 

そして、美しく快適な生活が

 

あなたを待っています!

 

住空間改善コンサルタントの玖島由佳でした。

 


お好きなときに、お電話でご相談いただけます

こちらの電話相談では、次のような内容についてお答えしています

  • お片づけのこと・お部屋のこと
  • 夫婦のこと
  • 子育てのこと

 

匿名で簡単にお電話が繋がりますので、お気軽にご活用ください。

 心理カウンセラー/空間ディスプレイデザイナー 玖島

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング