コンサルティングメニュー
○ 「 自分らしく 」と言われたときに、相手が感じている本当の気持ち
こんにちは。

 

Kurashimal(クラシマル)の玖島由佳です。

 

お客様の人生が輝くように

 

お部屋やご家庭内のコミュニケーションについて

 

サポートしています。 

 

本日は、"自分らしさ"について

 

書かせていただきたいと思います。

 

  • 「自分らしく」と言われても、どうしていいか分からない!
  • 自分らしさを大切にしている魅力的な人にあこがれる!

 

こんな思いをもたれている方へ

 

メッセージをお届けしたいと思います。

 

そもそも、"自分らしさ"って、どういうことでしょう?

「もっと自分らしく」と言われても

 

その言葉を受けて、

 

どうしたら良いのか、

 

迷われる方も多いのではないでしょうか。

 

人は、自己と利他の間で揺れ動きます

何か決断するとき、

 

何かを話すとき、

 

何かをアウトプットするとき、

 

その内容が自己的であるか、利己的であるか。

 

過去の経験や現状によって

 

その2者の間をユラユラと

 

動いていると思います。

 

「自分らしく」と言われるときは、利他が勝っていることが多い

それでは、

 

「自分らしく」と言われたシチュエーションについて

 

少し考えてみましょう!

 

  • もっと自分らしい内容でいいよ
  • もっと自分らしさを大切にしなよ

 

と、言われた時

 

そのように発言された方は

 

お相手に対してどのような感情を

 

もっているのでしょうか。

 

例えば、

周りの方々に気を遣って、無理しているように見えとき。

そんなときに、「自分らしく」という言葉で表現されることがあります。

 

心当たりはありませんか?

 

詳しく掘り下げていきますね。

 

「自分らしく」と言われるとき、その原因は2つあります

「自分らしく」と言われたことのある

 

場面を思い返しながら

 

ゆっくりと読み進めてみてくださいね。

 

周囲の目が気になったり、合わせているとき

「自分らしく」と言われたときに、

 

その言葉通り

 

「自分」の考えや思いよりも

 

「他人」の考えや思いを

 

尊重していたり、優先していたり。

 

そのような場面で

 

「自分らしく」と言われたのでは

 

ないでしょうか。

 

少し、無理しているように見えるとき

そして、大切なことがあります。

 

実は、他人を意識しているだけでは

 

「自分らしく」と言われることは

 

ありません。

 

「自分らしく」と言われるときには

 

言われた方自身の「気持ち」が

 

振る舞いについていっていないケースが

 

多いようですよ。

 

例えば、次のようなケースです。

 

  • 本当は、そう思わないんだけど、周りの意見にあわせて行動を決めている

 

他者と自分の意見が異なっていて

 

その思いが態度に出ているときです。

 

態度に出ること自体、

 

全く悪いことではないので

 

心配いりません。

 

他者が、その姿に違和感を覚えたり

 

「『自分らしく』行動しても何ら問題ないよ」という

 

温かなメッセージです。

 

 

そして、ご自身の気持ちがついていっていないケースに

 

もうひとつパターンがあります。

 

  • 自分では何も考えていなくて、周りに合わせている

 

このようなときに

 

「もっと自分らしく」と言われることもあります。

 

例えば、新入社員としてお仕事をしているとき、

 

先輩社員に逐一相談し、指示を受けながら

 

進めている方が、そろそろ独り立ちを

 

促されるような場面で言われることですね。

 

他にも、恋愛関係でパートナー色に染まったり

 

合わせたりしているとき。

 

初めは、喜ばしい・うれしい!という気持ちがあり

 

盛り上がっていますが、少しずつ落ち着いてきたとき。

 

自分にあわせてくれるのはうれしいけれど、

 

あなたはどう考えているんだろう?と

 

思い始めたころに言われることもあります。

 

「自分らしく」と言われる人は、優しい人です

そもそも、「自分らしく」と言われる人は

 

周囲の方の意見や行動に意識を向けることができる

 

心優しい人です。

 

しかし、ちょっと無理をしてしまったり、

 

ご自身であまり考えていない(ご自身を大切にしていない)と

 

周囲の方が感じてしまうと

 

「自分らしく」「無理しなくていいよ」というような

 

表現でアドバイスを受けることがありますね。

 

「自分」も大切に出来ているときには、あまり言われる言葉ではありません

ここ、重要です。

 

例え、周囲の方に気遣いをしていたとしても

 

ご自身の気持ちや思いを大切に出来ているときには

 

「自分らしく」と言われることは

 

あまり、ありません。

 

気持ちがついていっているとき、それは周囲にも伝わります

ご自身の気持ちがついていっていながら、

 

周りにあわせているとき、

 

そのお気持ちは周囲に伝わっています。

 

例えば、表情や言葉などに

 

ポジティブなエネルギーとして伝わっているのです。

 

そのような状況のときには

 

  • 気遣いができる人
  • 魅力的な人
  • よく気がつく人

 

というように、

 

魅力的な人として好感をもたれることが多く

 

その、「人にあわせることができる技術」自体が

 

「その人らしさ」と受け取ってもらえるのです。

 

もしも「 自分らしく 」と言われたら・・・

ちょっと、ご自身の気持ちが

 

置いてけぼりになっていないか、

 

ご自身に問いかけてみましょう。

 

きっと、その問いかけが

 

「魅力的な自分らしさ」を身にまとう

 

きっかけになってくれますよ。

 

こちらもオススメ

自分らしさ の見つけ方♪【魅力的な 自分らしさ 】は日常生活で育ちます!

こちらよりお読みいただけます>>

 

応援しています。

 

住空間改善コンサルタントの玖島由佳でした。

 


セミナー参加者募集中です!

鹿児島県にて開催予定のセミナー

  • 10/14   一条工務店さま主催 『楽しくなる家づくりセミナー』

全国募集中 個別ウェブセミナー

  • 毎日が楽しくなる整理の始め方  

  お片づけが苦手な方が陥りがちな「持ち物を減らせない」というお悩みを解決致します!

  心理学×ロジックによるKurashimal独自の手法のご紹介と、個別にご相談にお答えします

今月、募集中の日程 10/17 、10/18、10/19、10/26
  他の日程は、応相談です
¥3,300 (税込)