スポンサーリンク

 

 

こんにちは。

 

クラシマルのゆかです。

 

毎日のお料理で使われているキッチン。

 

様々な汚れが付着してしまいますね。

 

特に、コンロ周りは、一回の使用で焦げ付いてしまうこともあるため、適切なメンテナンスが必要です。

 

ガスコンロの五徳について、日々のお手入れ方法をご紹介致します。

 

 

軽い油汚れ(重曹つけ置き洗い)

コンロ付近は、熱が加わるため、シンク等に比べると汚れが落ちにくくなっています。

 

洗剤を使用し、しっかりと汚れを取り除きましょう。

 

①バケツやトレーに五徳を入れます。

 

②五徳が完全に浸かるように、お湯(50~60℃)を①へ注ぎます。

 

③五徳をめがけて、お湯1リットルあたり大さじ1の重曹を入れます。

 

④少しお湯をかきまぜて、重曹を溶かしましょう。

 

⑤約1時間ほど、放置します。

 

⑥スポンジやブラシでこすり、汚れを取り除きます。

 

⑦しっかりと水で洗い流しましょう。

 

⑧水を拭き取り、しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

重曹つけ置き洗いで取れなかった、手強い焦げ付き

①鍋に水を入れます。

※ステンレス、土鍋、ホーロー、鉄の鍋を使用しましょう。

 

②水0.1リットルあたり大さじ1の重曹を入れます。

 

③鍋を温めて、水を沸騰させます。

 

④五徳が完全に浸かるように入れます。

 

⑤10分ほど、煮ましょう。

 

⑥冷めるまで、放置しましょう。

 

⑦冷えてきたら、スポンジやブラシでこすり、汚れを取り除きます。

 

⑧しっかりと水で洗い流しましょう。

 

⑨水を拭き取り、しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

五徳を綺麗に保つコツ

お料理の際に、汚れが付着したり、ふきこぼれたりした際には、早い段階で、重曹を使って綺麗にしましょう。

 

汚れが熱で固まり、その上に新たに汚れが付着し、層のようになってしまうと、なかなか汚れが取れなくなります。

 

層が出来てしまう前に、メンテナンスを行い、綺麗なキッチンを保ちましょう!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
暮らしを整えるお手伝いをしています
2019年9月~【お部屋スッキリ お片づけレッスン】の受講生を募集しています!

  • 全6回でまるごと一軒綺麗にします!
  • オンライン マンツーマンレッスン 実施中です!
  • 鹿児島県内 対面 グループレッスン 実施中です!

お気軽にご連絡ください。