【 避難する 】

こんにちは。Kussieです。

 

雨の日が続いている地域も、多いですね。

 

「避難」についてニュース速報のテロップが流れると、非難すべきかどうか心配になります。

 

そこで、本日は、昨年の体験を振り返り、【避難するかどうかの判断基準】について考えてみたいと思います。

 

ぜひ、次のような方々の参考にしていただきたいと思います。

 

  • 非難するかどうかの判断基準が分からない
  • 雨の日が続いていて、とにかく不安

 

スポンサーリンク

九州豪雨の体験について

2019年、九州豪雨がありました。

 

その際、わたしの住む地域にも"避難指示"が出ていました。

 

避難指示の出ている範囲が広すぎて不安

とても早い段階から、とても広い範囲に避難指示が出ていました。

 

正直なところ、避難指示や勧告の出る範囲が "市全体"であるものですから、なかなか「いつ避難しよう・・・」と判断が難しいと感じていました。

 

ニュース等をご覧になった、県外の知り合い等からたくさんのメールが届いたりしました。

 

それだけ、深刻な状況の地域もあり、報道では、それらの映像が流れていました。

 

報道をみると、恐怖心があおられます

報道では、大きな河川の堤防が決壊したり、山が崩れたりと、大変悲しくて怖い光景が目の前に広がります。

 

水の力、濁流の力、おそろしい勢いで、近くで見るだけでもひきこまれてしまいそうな怖さがあります。

 

水の力、自然の力って、映像でみているだけでもこわいです。

 

しかし、自分のこととしてとらえにくい

同じ県内にあっても、どこか自分の住んでいる【地域とは異なるもの】と見ていたような不思議な時間が流れました。

 

映像で過酷な状況が流れている一方で、近くの河川の水位に余裕があったり、道路にたくさんの車が通常通り列をなしていると、【豪雨】についての感度がにぶってしまいます。

 

迷いと怖さを感じてしまう、たくさんの情報

避難するか否か、本当に迷っていたのですが・・・結論から言うと、避難しました。

 

一晩の避難です。

 

とてつもなく広範囲の避難指示

避難指示は広範囲に出ていて、もはや県全体に出ているような状況でした。

 

このような場合、「全ての市から出なさい≒すなわち、県外へ出なさい!」ということなのかと不安になりました・・・

 

県外まで雨の中出かけるのは、お仕事も子どもの登園もありますし、自宅の様子が分かりにくいほどに離れるのは なかなか難しいものです。

 

県外に出たところで、隣の県なども雨は降っていますし、離れたところで過ごすあてもありませんでした。

 

どの指示が本当なのか

テレビ、地域のアナウンス等、異なった内容で案内がありました。

 

例えば、同じ時間帯であっても、番組によって内容は異なります。

 

今すぐ『命を守る行動を』ということで全員避難を呼びかけるチャンネルもあれば、全域に避難指示が出ていますが『立地や状況に応じて各自判断を』と避難対象は全員ではないですよ、とアナウンスされるチャンネルもありました。

 

このとき、わたしたちの住んでいる自治体のアナウンスは、『各自判断を』でした。

 

自治体のアナウンスでは、全域に避難指示が出ている旨を伝えられると同時に、危険と思しきところにいる方は避難所へ・・・という内容で情報発信がなされていました。

 

インターネットを活用して、情報収集を行いました

インターネットを活用し、今 自分のおかれている状況を分析してみました。

 

確認した情報は、次のものです。

 

  • ハザードマップ
  • 土砂災害の危険度のマップ
  • 近くの河川の水位
  • 近くの山の土砂崩れの状況

 

これら4点を確認しました。

 

立地について、念のため確認

ハザードマップや土砂災害の危険度マップは、常日頃より市によって提供されているものです。

 

新居をかまえたときに確認しましたが、更新なきこと・内容に相違ないことを念のため確認しました。

 

現在の状況について最新情報を確認

河川の水位や土砂崩れの状況については、インターネットを中心に情報を確認しました。

 

最近は便利なもので、河川の水位についても、10分ごと、1時間ごとに変化の様子(上昇の様子)がグラフにより表示されています。

 

それと同時に、川によって避難を検討する水位や、消防団が待機する水位なども目安として決められていました。

 

最終的に、一晩、避難することに決めました

わたしたち家族が"避難すること"を決めた理由は、夜に災害が起こる可能性を考慮したためでした。

 

こちらが、そのときの河川水位グラフです。

 

7月3日、朝方からお昼にかけて、時間に対し比例的に水位が上がって来ました。

 

 

そして、7月3日お昼の天気予報では、雨はずっと降り続き、翌日(4日)のお昼ごろまで続くと言うではありませんか・・・。

 

当然、リアルタイムでの水位グラフしか手元にありませんから、時間とともに河川の水位があがりつづけているという現実しか分かりませんでした。

 

そのため、15:00ごろには【氾濫注意水位レベル】になり、18:00~20:00ごろには【避難判断水位レベル】に到達するのでは・・・と大変怖くなりました。

 

おちおち寝てもいられないですし、夜中に、いざ避難をとなった場合に子どもを連れての避難は難しいと判断したため早めに避難場所を確保しました。

 

結果的には、水位は落ち着き、雨も止み、大事には至りませんでした

避難しましたが、河川の水位は、氾濫注意レベルには至らず帰宅することが出来ました。

 

次回、避難するかどうかの判断基準が明確になりました

情報の確認方法が分かりました

河川の水位レベルや土砂災害の情報について、リアルタイムの情報を取ることが出来ると"報道"だけに頼らずに 自身の目でデータを確認できるので、より判断しやすくなります。

 

やはり、報道だけでは不安で不安でたまりませんでした・・・

 

データと自宅の状況を把握することが出来ました

お引っ越しした後、はじめての豪雨って結構不安になります。

 

土地の形状で水が流れて来るのではないか?

 

河川が氾濫したら、水が流れてくるのか?

 

どのくらいの土砂災害になると、自宅まで土砂が来るのか?

 

それらについては、もちろん土地購入時にも確認しましたが いざ、 豪雨 が降り続けると再び気になって来ます。

 

今回、雨量や河川の水位の変化の関係を確認することが出来たり、雨量と浸水の状況が身にしみて分かったりしました。

 

今後の豪雨の際にはひとつの目安としてみることが出来ます。

 

とは言いましても、早めの避難を心がけます

データや経験から【まだ大丈夫、きっと大丈夫よ】と思ったとしても、またしても早めに避難をすると思います。

 

例えば、連日の雨などで、今回よりも そもそも地盤がゆるんでいたり・・・

 

道路状況がかわったり・・・

 

見えない変化があるかもしれませんから・・・。

 

 

まだしばらく、梅雨も続きますね。

 

被害が拡大しないことを祈りつつ・・・雨の日が減ることを祈ります*☆

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク