〇 虫よけスプレー 赤ちゃん

こんにちは。Kussieです。

 

蚊をみかける季節になると、「虫よけスプレーをつけたいな~」と思います。

 

特に、アウトドアのレジャーなど、草木のある場所に行ったり、水辺に行くときは必須です。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんのお肌は守りたい

赤ちゃんのお肌って、色も手触りも 見るほど触るほど「ずっと守ってあげたいな~♡」と思います。

 

虫刺されから守りたい

赤ちゃんが蚊に刺されると、とても大きく腫れてしまうこともあるそうです。

 

万が一、刺されてしまったときに慌てないように、【小児科や皮膚科を検討しておくように】と先輩ママよりアドバイスを受けました。

 

また、蚊に刺されないようにするためにアロマを使った虫よけスプレーなどを検討しておきたいな、と思います。

 

安心安全なものを使って守ってあげたい

虫よけ用品と言いますと、様々な種類のものがあります。

 

  • 虫よけスプレー
  • 塗る虫よけ
  • 焚く虫よけ

 

今年は、どれもそろえて準備しています。

 

  • 殺虫成分、寄せ付けない成分の安全性
  • 手間がかからない

 

この2つのポイントに着目しつつ準備しています。

 

手作りアロマスプレーが気になります

手作りでアロマスプレーを作っていらっしゃるお母さま方も多いみたいですね。

 

  1. オイル(精油)
  2. 無水エタノール
  3. 精製水
  4. スプレーボトル

 

これらの4つを準備すると、自分自身で使う分だけ、安心安全な虫よけスプレーを作ることが出来ます♡

 

しかし、分量を確認したり、余った素材をどうしよう・・・と考えたり、慣れないわたしには【手間を感じる】のも事実。

 

安心な成分の商品を購入することに決めました

ひとまず、今年は・・・。

 

市販の安心な商品を購入することにしました。

 

【安心安全】というキャッチフレーズを確認するだけではなく、成分表示も確認します。

 

成分表示は、通常 たくさん含まれている成分から順に、記載されているみたいです。

 

 


【口コミ多数】虫の多い季節のマストアイテム>>

 

焚く虫よけは、昨年購入したものを引き続き使います

天然除虫菊によって虫よけ効果を発揮してくれる、蚊取り線香をもっています。

 

おそらく、皆さまが 【"蚊取り線香の香り" として認識される ちょっとイイ香り】は、しません・・・。

 

何と言いますか、草のような自然のような天然な素朴な香りがしました。

 

こちらについては、寝室に蚊が出たときに焚きましたら効果があったので、今年もお世話になるつもりです(^^)

 

こちらの記事もおすすめです♡
【乳幼児の近くに蚊が!赤ちゃんのお肌を守ってくれる虫よけ発見!】

こちらよりお読みいただけます>>

使い方、成分とご自身やご家族にしっくりくる虫よけ手段と出会い、快適な夏の生活を送られることを願っています(^_-)*☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク