スポンサーリンク

お風呂を綺麗に保つには、ちょっとしたコツが必要です。

 

お湯を大量に使用すると同時に、いろいろな汚れが混ざる、なかなか面倒な場所です。

 

本日は、なるべくラクに続けられるお 風呂掃除 のコツについて書かせていただきます。

 

毎日のお手入れがオススメ

浴槽を綺麗に

①スポンジに中性洗剤をつけて、2~3分おきます。

 

②よく洗い流しましょう。

 

ポイント

入浴した際に、お湯と空気の境目だったところを念入りにお手入れしましょう!

 

エプロン(浴槽の外側 側面)を綺麗に

①スポンジに中性洗剤をつけて、2~3分おきます。

 

②よく洗い流しましょう。

 

浴槽内よりも、「気が付いていたら、汚れが蓄積していた!」ということが多い箇所です。

 

ポイント

指でザラツキチェックするすると、汚れに気づくことが出来ます。

 

洗い場(床)のお手入れ

①スポンジに中性洗剤をつけて、2~3分おきます。

 

②よく洗い流しましょう。

 

ポイント
一番最後に洗い流しましょう!

 

壁面・鏡のお手入れ

①水で洗い流します

 

②スクイージーで水気を取ります

 

オススメのスクイージー

収納にも場所を取らず、S字フックなども不要です!

使いやすいですよ~(^^)


 

少なくとも週に1度以上のお手入れがオススメ

浴槽・小物のお手入れ

①残り湯に少しお湯を足します。

 

②重曹を1カップ入れて、溶かします。

 

③洗面器・おもちゃ等の小物類を重曹水の中につけ置きします。

 ※約30分

 

④重曹水を抜きます。

 

⑤いつもの中性洗剤でのお手入れを行いましょう。

 

壁面のお手入れ

①スポンジに中性洗剤をつけて、2~3分おきます。

 

②よく洗い流しましょう。

 

ポイント
特に、腰下の高さには汚れが付着しています。

しっかり洗って、指でザラツキチェックしてみましょう!

 

鏡のお手入れ

①クエン酸、もしくはお酢をつけて、2~3分置きます。

 

②水で洗い流し、スクイージーで水気を切ります。

 

※あまり汚れが取れない場合には、一度拭き取り複数回繰り返しましょう。

 

金属部のお手入れ

①クエン酸水をつけて、布もしくはスポンジでこすります。

 

②中性洗剤をつけてスポンジでこすります。

 

②水で流しましょう。

 

ポイント
①の段階で、水垢の凸凹がなくなっていることを確認しましょう!

 

 

 

お風呂のお手入れで実感していること

お掃除のサイクルが身に付くまで、時間がかかりましたが

 

基本は、中性洗剤で毎日お手入れすることを意識しています。

 

また、週に1度、酸やアルカリでお掃除をすると、

 

カビはもちろんのこと水垢も綺麗に取ることが出来ます。

 

浴室等の材質によっても、汚れの定着にかかる時間は異なると思います。

 

ぜひ、「毎日全力でお掃除!」と気合いれて挫折するよりも、

 

自分なりの「綺麗を維持できるサイクル」を見つけて

 

継続を意識してみましょう(*^_^*)

 

応援しています♪

 

スポンサーリンク
**住空間改善コンサルティング**

心理学×ロジックで、無理なく美しい暮らしを実現できるメソッドをお伝えしています。

お気軽にご相談ください。