○ 新築 家づくり で失敗しないために話し合っておきたいこと【最初が肝心】

こんにちは。

 

Kurashimalの玖島由佳(くしまゆか)です。

 

先日、新築する際に

 

間取りを決める上で大切なことについて

 

お話ししました。

 

こちらもオススメ

新築 間取り で失敗しないために話し合っておきたいこと【成功の秘訣】

こちらよりお読みいただけます>>

本日は、家づくりにおいて、

 

最初にぜひ、実践していただきたいことについて

 

お伝えいたします。

 

家についてお打ち合わせを進める上で、"しっくり来ない"という経験をした方が多数いらっしゃいます

「よし!一生に一度!

 

 ついに、マイホームを建てよう!!」と

 

気合いをいれて、住宅メーカーをめぐり始めたとき。

 

希望を聞かれて、困ってしまった経験

まずは、どんなものか見て回りたい!という段階で

 

住宅メーカーを回り始める方に

 

特に多いのは

 

  • 希望を聞かれて困ってしまう

 

という状況です。

 

自身の希望をうまく理解したり

 

うまく伝えることが出来なくて

 

【自分自身が希望する家】が分からなくて

 

なんとなく話し合いが進んでしまったり

 

時には、すでに建っている"建売"や"マンション"へと

 

希望を変える方も多いものです。

 

注)建売やマンションが悪いとは、全く思っていません。

 

ただ、はじめは注文住宅で

 

"理想の家を"と考えていた方が

 

すでにカタチの決まったお住まいを購入されるのは

 

少しだけもったいない部分もあります。

 

始めにいただいた図面をもとに、議論をすすめられた経験

そして、多くの方が陥っている

 

住宅メーカーとの打ち合わせでの現象が

 

これです。

 

  • そもそも、スタートが "その図面" で大丈夫?

 

という状況です。

 

あまり、希望を伝えることができずに

 

設計の方が書いてくださった住宅の図面の完成度は

 

その設計の方の経験や好みが反映されていることも

 

多いものです。

 

営業さんもしくは設計さんのいずれかが

 

上手にお客様の意見を引き出してくれる場合には

 

少しずつ軌道修正されることもあるのですが

 

打ち合わせが進んだものの

 

【なんだか、違うかも。分からなくなって来ちゃった】と

 

ストップしてしまうこともあるのです。

 

最初の図面は、とても重要です

始めに目にする図面が

 

今後の議論のベースになるので

 

とっても大切になっていくのです。

 

それでは、最初の図面を

 

よりよいものにするためには

 

どうすれば良いのか。

 

それは【インプットを充実させる】

 

ことが大切です。

 

【インプットを充実させる】には、どうすれば良いの?

図面を書いてくださる設計士さんへの

 

インプットを充実させるには・・・

 

やはり、希望をたくさん伝えるしかありません。

 

そこで、自分の希望がうまく把握できなくて

 

お困りの場合は

 

次の視点で考えてみては

 

いかがでしょうか。

 

朝一番から夜寝るまでの行動について考えてみる

朝起きてから、夜寝るまで

 

どのような行動をしてみたいか

 

考えてみましょう!

 

「朝起きて、顔を洗って~」というのは

 

NGです!

 

もっと詳しくイメージしてみましょう!

 

どんなお布団で目覚めて

 

お目覚めは目覚まし時計なのか携帯電話なのか。

 

起きたら、寝室についている洗面台で

 

身支度を済ませるのか。

 

それとも、ご家族がみんなで

 

共有している洗面所へと

 

パジャマのまま、進むのか。

 

その【詳しいイメージトレーニング】にこそ

 

ご自身の"理想の暮らし"がつまっています。

 

先ほどの例の、携帯電話のアラームで

 

目覚める方の場合、

 

コンセントの位置は

 

とても重要です。

 

今お住まいのご自宅で、不便だと感じていることについて考えてみる

比較的、分かりやすい方法が

 

こちらです。

 

今の生活の中で

 

ここ不便だな~と感じる点を

 

書き出してみる方法です。

 

意識的に、まずは一週間実践してみると

 

数十個と出てくることが多いですよ。

 

インプットが充実すると、お客様も設計士さんもHAPPYです

お客様からのインプットが充実すると

 

  1. 設計士さんが書かれる図面が、よりよいものになる
  2. お客様にとって、しっくりくる提案が得られる

 

 

このような好循環がうまれます。

 

しっくり来ない図面を眺めながら

 

ああでもない、こうでもない・・・と

 

悩む時間を卒業し

 

「あ!これこれ!」という提案に

 

出逢いたいと思いませんか?

 

そして、良い図面に出会うと

 

他の図面を見ても

 

「やっぱり、これがベストだね!」と思える

 

うれしい状況になります。

 

そのような"確認作業"を経験された上で

 

ぜひ、施工の段階に入れるように

 

応援しています!

 

新築 家づくり インプットを思いつかないときには・・・

最終手段として、

 

ぜひ、わたしに一声おかけください。

 

状況によって、次のようなカタチで

 

インプットの抽出をお手伝いさせていただきたいと思います。

 

  • インプットを抽出する実践的な方法についてお話しします!
  • インプットの抽出(ブレーンストーミング)におつきあいします!

 

お気軽にお電話くださいね。

 

住空間改善コンサルタントの玖島由佳でした。

 

お好きなときに、お電話でご相談いただけます

こちらの電話相談では、次のような内容についてお答えしています

  • お片づけのこと・お部屋のこと
  • 夫婦のこと
  • 子育てのこと

 

匿名で簡単にお電話が繋がりますので、お気軽にご活用ください。

 心理カウンセラー/空間ディスプレイデザイナー 玖島

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

帰りたくなる家♡を目指す女性をサポート中です

単発OK!テレビ電話相談プラン>>

「帰りたくなる家♡」実現へ向けて、一歩踏み出したい女性のためにオススメです。

毎月、最大10名様のご相談をお受けしています。

 

定期!テレビ電話相談>>

お片づけへの苦手意識が強く、緊急性(夫婦喧嘩を防ぎたいなど)が高いときにオススメのプランです。

年に4回、受講生を募っています。