【 ストレスをためない ために、始めたいこと 】

こんにちは。玖城です。

 

日ごろ、恋愛や婚活・結婚生活について、ご相談をお受けしています。

 

「ストレスがたまってきて、どうにかしたい」と感じていることはありませんか?

 

ストレスがたまってくると、こんなことが起こります

  • 今まで出来ていたことが、出来なくなる
  • 愛情と執着が判断しにくくなる
  • 相手の気持ちや意見を尊重できなくなる
  • 自主的に行動できなくなる

 

一見、「え?ストレスと関係あるの?」と思われそうなものも含まれていると思います。

 

意外とストレスの及ぼす影響範囲というのは、広いのです・・・。

 

ストレスに気づくためのサイン

例えば、【こだわりの物を持ち歩くと安心】と感じたり、【そばに、これがあると落ち着く】という経験をされたことはないでしょうか。

 

ストレスを感じたときには、何かの物に執着することで、安心することが出来ます。

 

その対象が、物ではなく人という場合もあります

こだわりの物やお気に入りの物というように、対象が物であるケースもありますが、【対象が人】であるケースもあります。

 

「誰かにご自身のことをゆだねると安心する」という状況です。

 

人に依存している場合は、見極めにくいこともあります

ストレスによって、何かに依存すると安心するとき。

 

依存する対象が物であれば気づきやすいのですが、人間関係や人に対して執着しているとき、そのストレスに気づきにくいようです。

 

愛情と執着の見極めが難しい

特に、パートナー間や親子間で起こる執着による行動は、見極めが難しい傾向があります。

 

ご本人は、愛情もありお相手に接しているため、どこからが執着なのか、どこまでが愛情なのか判断が難しいのです。

 

  • お相手の自主性を認めない
  • お相手の意見を確認しない

 

これらの状況が出てきた場合には、注意して接していく必要が出てきます。

 

ご家庭内でできる対処法について

「ちょっと無理しているな」とか「物や人に対する執着心が出てきているな」という場面では、まず、ご家庭で出来るケアもあります。

 

ご自身の場合

その日が終わったら、眠る前にお気持ちを整理しましょう。

 

誰かに話を聞いてもらう、紙や手帳に書く、など、ストレスを言葉に変換して整理する過程が大切です。

 

ストレスや不安の要素があれば、「次はこうしよう」と前向きに考えて眠りにつく習慣をもつや、朝起きたら「今からスタート」と捉えて過去を振り返らない練習をしてみましょう。

 

これらの習慣を心がけることで、必要以上にストレスを蓄積しなくなってきます。

 

もしも、ご自身で対処できないな・・・と思われるときには、専門家に相談してみるのもオススメです。

\電話相談受付中/

こんにちは、玖城です。

ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

家事の合間に、育児の合間に、お仕事の合間に、

ちょっと話したいことはありませんか?

丁寧にお伺いいたしますので、お気軽にご連絡ください(^^)